春節明けのオフィス。一週間以上も会っていなかったスタッフへ一言。新年好!「好久不见!(hǎo jiǔ bù jiàn)久しぶり」と、挨拶から始めましょう。

「好久不见」の代わりに「好久没见」とも言います。文法としては確かに「好久没见」が正しいかと思いますが、一般的には「好久不见」を使っている事が多いです。

「好久(hǎo jiǔ)」は、長らく・長い間「不见(bù jiàn)」は、会わない。の意味があり、長らく会っていない。=お久しぶり、となります。

今しがた「再见!」の挨拶をして別れた相手と、数分も経たずに偶然再会した。こんな事ってあると思います。こんな時に「好久不见」と言うと、実際に久しぶりではないので「好久不见」を冗談として使えますよ。

スポンサーリンク

今日の振り返り!中国語発声

好久不见 (hǎo jiǔ bù jiàn) 久しぶり

知らないと赤っ恥。中国語挨拶表現特集

中国生活習慣、自己紹介で日本人の名前を覚えてもらう分割紹介法とは?紹介【介绍】
中国生活習慣、自己紹介で日本人の名前を覚えてもらうコツとは?名字【姓】
色いろある中国新年の挨拶の言葉って?縁起がよい【吉利】
勉強せずに即戦力!使える挨拶日常会話8フレーズ。あいさつ【打招呼】
互いを気持ちをスムーズさせる素敵な言葉。どういたしまして/おかまいなく【不客气】
中国の春節明けの挨拶って、どんな挨拶?新年おめでとう。【新年好】
飯食ったか?が日頃の挨拶。ご飯食べました?【吃饭了吗?】
色々な挨拶(あいさつ)一覧。大きく!おはよう、こんにちは、こんばんは。こんにちは。【你好】