「北京名菜 (běi jīng míng cài) 北京名物料理」の音声は以下から。

北京には北京ダック以外にも、
食欲をソソる名物料理が沢山です。

昼食と夕食に北京人に教えてもらって、
3箇所を尋ねることにしました。

羊のシャブシャブ。
125_DSCN7613

125_DSCN7621
ドーナッツ状になった鍋に、
羊や野菜をシャブシャブしながら、
胡麻ペーストベースのタレに付けて食します。
125_DSCN7616

125_DSCN7620
ドーナッツ状の鍋の下には、
石炭や木炭が入れられて、グツグツと鍋を煮込みます。
火力を弱くしたい場合は、鍋の上にある筒を塞ぐと、
空気が行き渡らなくなり、弱火になります。

南門涮肉(nán mén shuàn ròu)南門のしゃぶしゃぶ、という店です。
チェーン店ですが、どこも結構な混みあいです。

羊の首元の肉の煮込み料理。
125_DSCN7555

骨の形がサソリに似ている、ということで、
羊蝎子(yáng xiē zi)と呼ばれる鍋料理。
鍋の中全て羊の首くびクビ。
125_DSCN7562

野菜や麺なども別途注文でき、
麺を横のお客さんは注文してましたが、
その場でスタッフが手打ちで伸ばす、
パフォーマンス付き。目でも楽しめますね。
125_DSCN7564

蝎王府羊蝎子(xiǎo cháng chén)サソリ公邸羊サソリ、という店です。
前海と呼ばれる場所の裏手にひっそりとあります。

もう一箇所
卤煮火烧(lǔ zhǔ huǒ shao)こねた小麦粉の食品のタレ煮込み、
と呼ばれる臓物の煮込み料理の老舗。

豚の小腸、肺、胃袋、肝臓、心臓、豚バラ肉、
豆腐、小麦粉で作った”すいとん”のような食品が入った、
日本でいう、もつ煮込み鍋です。

味付けは冬の寒さに合う味噌主体の塩味の効いた、
間違いなく白酒が合いそうな味付けでした。
昼間の訪問だったのでビールで我慢。

小肠陈(xiǎo cháng chén)小腸陳さん、という店です。
前海と呼ばれる場所の裏手にひっそりとあります。

名菜は有名料理の意味。
北京以外にも名菜は中国各地に沢山あります。
お気に入りの名菜を探すのも旅の楽しみですね。

また「××名菜馆」と名前を付けている、
レストランがあったりします。

这个地方的名菜是什么?
(zhè ge dì fāng de míng cài shì shén me)
この地方の有名料理は何ですか?

と質問もOKです。

地元の中国人がとっておきの名物料理を、
紹介してくれますよ。

スポンサーリンク