「银联卡 (Yín lián kǎ) 銀聯(ぎんれん)カード」の音声は以下をクリック。

長崎、大阪の街を歩くとドラッグストア、大型スーパー、家電洋品店へ足を運ぶと、
必ずと言ってよいほどこのマークと、「銀聯(Yín lián)」という文字が書かれています。

日本人にはあまり馴染みのない「銀聯(Yín lián)」。
中国銀聯が発行している、クレジット機能付きのキャッシュカード。
※「ぎんれん」と呼ばれます。

ノボリには免税!と銀聯対応の文字。
391_P2220037

391_P2220039

391_P2220041

391_P2220044

391_P2220046
基本的に中国で銀行口座を開設すると発行してもらえる、
銀行カードにはこの銀聯が対応済み。

中国国内では現金支払の際に口座から引き落としが可能。
クレジット機能ではないので、口座残金からの引き落としなので残高必須。

人民元の最高額は100元札。財布に100元札の枚数が多くなると、
非常にかさばります。そこで銀聯カードの出番。
上海で中国人の支払い状況を見てみると、
現金より銀聯を使っての支払いをすることが多いようです。

またこの銀聯の良い所は海外でも使える所。
ATMで現地通貨が引き下ろせます。
私はバックパック中のタイに滞在中、タイで見かけたATMが銀聯対応だったので、
バーツを引き下ろした事が。

また銀聯に加入している小売店舗の場合、その場で支払いが対応可能。
人民元を日本円にワザワザ両替して使うより、
銀聯カードを出して使った方が面倒が減るという事のようです。
小銭も増えないし便利ですね。

春節期間中、この銀聯カードでお買い物をする中国人が、
日本国中に氾濫して、日本経済の活性化を下支えしているのです。

スポンサーリンク