「红绿灯 (hóng lǜ dēng) 交通信号」の音声は以下をクリック。

天津で宿泊をした場所でのこと。
宿泊先の土地柄、普通のタクシーが走っていないため、
俗にいう「黑车(hēi chē)白タク」での移動。

宿泊先が「开发区(kāi fā qū)開発区」と呼ばれる工場が立ち並ぶ、
市内からは多少離れた郊外であったのでタクシーが拾いにくいのが原因。

写真は撮れませんでしたが白タクなのに、
「空車」の電光掲示を車体にチャント設置。
その上、お願いをすると「发票(fā piào)」と呼ばれる、
領収書も発行可能との事。

領収書も何処から入手したのか偽物ではなく本物。
しかも発行する機械まで準備。
ここまで来ると普通のタクシーと何も変わりません。

また巡回するこの白タク。
白タク同士で協定を結んでいるらしく、
時間帯別の1メーターの価格はどの白タクに乗っても同じ価格。
値崩れが起きないようにしているようでした。うーん、やるぅー。

そんな白タクでホテルと工場、
ホテルから駅や飛行場の移動での乗車中、
天津のスモッグがかかった景色をみて気がついた事が。

それは上海と信号が全く異なる点。
上海の信号は日本と同じような作り。
歩行者用は青と赤の二色。車両用は赤、黄、青の三色構成。

天津の歩行者用信号は画面全体に、
赤で歩行者が停止するライトが表示され、
時間が経つと青い人のライトに切り替わるという品。
354_DSCN1723

車両用は細長い信号が同じように青一色になり、
表示の残り時間に合わせて、ライト部分が徐々に消えていき、
残り時間をお知らせしてくれるという品。

赤ライトも同じく残り時間に合わせて、
ライトの明かりが短くなっていました。
354_DSCN1724

信号の中国語は「红绿灯(hóng lǜ dēng)」
「赤と青のライト」と、何とも分かり易い表現です。

タクシー移動時に使える、「红绿灯(hóng lǜ dēng)」
「信号」の中国語なんて覚えて使う機会ないよ!とお嘆きの方。

こんな時に使えますし、私もよく使っています。
タクシーに乗っていて、信号を越えて止まって欲しい場合。

过红绿灯 (guò hóng lǜ dēng) 信号機を通過して下さい。
过红绿灯停一下 (guò hóng lǜ dēng,tíng yī xià) 信号機を通過て止まって下さい。

とっさの一言、覚えていきましょう!

スポンサーリンク