「三文鱼 (sān wén yú) サーモン」の音声は以下をクリック。

中国は魚、肉、野菜とも基本的に加熱処理をした物を食べる、
というのが風習として根強く残っています。

それはこれだけ広大で医食同源の国。
下手に生物を食べると、虫がいたり体を壊したり、
ということが起きていた為と推測できます。

以前留学時代に担当主任の教師から、
「日本人は魚の刺し身が好きなんでしょ?」と言われ、
「魚以外にも地鶏のたたきを食べたり、牛の刺し身も食べます」と言うと、
明らかに”ギョェ”とした顔をされ「私には無理」と言われたのを覚えています。

それから8年以上時間が経つと、中国上海の食事情も様変わり。

近所の市場に出かけると、
海産物を扱うブースにはこんな立派な魚が鎮座。

よよー、こんにちはサーモンです。
308_PB022043

308_PB022189
ここ一年二年前から徐々にサーモンの販売が、
ローカルな市場でも始まっています。

サーモンは中国語で三文鱼(sān wén yú)
sān wénの音がサーモンに近いという事でしょうね。

ここで売られているサーモン。
彼らは生で食べたりします。

ほんの数年前までは絶対にあり得なかった事ですが、
中国上海でも寿司ブームが起こり、
脂の乗ったサーモンは中国人のハートをグサリ。

食べ放題の日本食屋などで、
サーモンがあった時にはサーモンだけを、
何回もリピートオーダー。
コストを考えると、店側も堪ったものではありません。

日本の事を知っている中国人などは、
日本人が刺し身が好きだと知っているので、
刺し身をオーダして食べろ食べろと勧めるのですが、
私の出身九州は白身と青モノが中心の魚文化。
う~んと困ることもシバシバ。

それに写真のようなローカルスーパーのサーモン。
本当に生食が可能なサーモンなのか、正直疑問が残っています。

何処産のサーモンなのかも不明ですし、
たまに買うこともありますが、
そんな時は石狩鍋にして中国のサーモンを楽しんでいます。

脂が大変乗っているので、
これからの季節には楽しめる食材の一つです。

スポンサーリンク