「崔健 (cuī jiàn) 崔健」の音声は以下から。

中国の春節の前日。
日本で言う大晦日にNHKの紅白歌合戦的な番組があります。
その名も「春节联欢晚会(Chūn jié lián huān wǎn huì)春節の祝いの夕べ」

今年の参加予定者だった、中国ロック歌手のカリスマ崔健。
見た感じは日本のイケてる俳優、古田新太さん似。
どちらも素敵な感じ。
U1819P28T3D3809249F326DT20121212082838

ニュースにもなっていますが、参加辞退を表明。

参加の為に歌詞を替えられるのは、ロック魂に反してますよね。
そんな辞退となった「一無所有」の歌詞と訳をご紹介です。

歌詞の背景は付き合っている一組の男女。
男は結婚を意識し始めたものの、
女性は結婚するには家や家具など結婚のための準備が必要という中国的な背景があります。

我曾经问个不休
wǒ céng jīng wèn gè bù xiū
俺はかつて、同じ質問を何度もしていた

你何时跟我走
nǐ hé shí gēn wǒ zǒu
お前はいつ俺と結婚してくれるんだ?

可你却总是笑我
kě nǐquè zǒng shì xiào wǒ
なのにお前はいつも俺を見て嘲笑っていたね

一无所有
yì wú suǒ yǒu
アナタには、今は家も何もないと

我要给你我的追求
wǒ yào gěi nǐ wǒ de zhuī qiú
俺はお前に俺の理想を捧げたい。

还有我的自由
hái yǒu wǒ de zì yóu
そして俺の自由すら捧げたい

你何时跟我走
nǐ hé shí gēn wǒ zǒu
お前はいつ俺と結婚してくれるんだ?

一无所有
yì wú suǒ yǒu
今の俺には何もないけど。

噢..你何时跟我走
ō..nǐ hé shí gēn wǒ zǒu
あぁ・・お前はいつ俺と結婚してくれるんだ?

噢..你何时跟我走
ō..nǐ hé shí gēn wǒ zǒu
あぁ・・お前はいつ俺と結婚してくれるんだ?

脚下的地在走
jiǎo xià de dì zài zǒu
得るためなら何処でも行って俺は仕事をする

身边的水在流
shēn biān de shuǐ zài liú
得るためなら流れる水のように俺は何処へでも行く

你何时跟我走
nǐ hé shí gēn wǒ zǒu
お前はいつ俺と結婚してくれるんだ?

一无所有
yì wú suǒ yǒu
今の俺には何もないけど。

为何你总笑个没够
wèi hé nǐ zǒng xiào gè méi gòu
なぜ、お前はいつも笑い満ちないのかい?

为何我总要追求
wèi hé wǒ zǒng yào zhuī qiú
なぜ俺はいつも探求しているんだ。

难道在你面前
nán dào zài nǐ miàn qián
お前は俺にいつも要求するけど、

我永远是一无所有
wǒ yǒng yuǎn shì yì wú suǒ yǒu
俺には永遠に何もないというのかい?

噢..你何时跟我走
ō..nǐ hé shí gēn wǒ zǒu
あぁ・・お前はいつ俺と結婚してくれるんだ?

噢..你何时跟我走
ō..nǐ hé shí gēn wǒ zǒu
あぁ・・お前はいつ俺と結婚してくれるんだ?

告诉你我等了很久
gào sù nǐ wǒ děng le hěn jiǔ
お前に俺はずっと待っていたと告げたい

告诉你我最后的要求
gào sù nǐ wǒ zuì hòu de yāo qiú
お前に俺の最後の願いを告げたい

我要抓起你的双手
wǒ yào zhuā qǐ nǐ de shuāng shǒu
俺はお前の両手をしっかり掴んみたいんだ。

你这就跟我走
nǐ zhè jiù gēn wǒ zǒu
今すぐ、俺と結婚しよう

这时你的手在颤抖
zhè shí nǐ de shǒu zài chàn dǒu
この時、お前の手は震えていた

这时你的泪在流
zhè shí nǐ de lèi zài liú
この時、お前は涙を流していた

莫非你是正在告诉我
mò fēi nǐ shìzhèng zài gào sù wǒ
まさかお前は今頃になって俺に告げるのか。

你爱我一无所有
nǐ ài wǒ yì wú suǒ yǒu
お前が愛しているは俺は、今の俺ではなく、何もない時の探求していた俺の心なのかい?

噢..你何时跟我走
ō..nǐ hé shí gēn wǒ zǒu
あぁ・・お前はいつ俺と結婚してくれるんだ?

※7回繰り返します。

直訳ではなく背景を踏まえて訳をしています。
ナゼこの歌詞を変える必要があったのか?

70年代末より経済成長を目指し始めた中国。
若者の心のあり方を強く反映していたフレーズが、
時代背景とも重なり若者の代弁する歌の代表となったようです。

スポンサーリンク