ファーストコンタクトだと頭に「クエスチョン」が浮かびそうな行動です。
中国まだまだ奥が深いです。

早朝、近所のスーパーで買い出し。
スーパーを出た時に真向かいの美容室でスタッフが道に一列に整列。
「もしや恒例の?」と思い道路を渡ってしばし観覧。

店長らしき男性スタッフが掛け声を出し朝礼がスタート。
まーここまでだったら、日本でも考えられると思うのですが、
その次に始まった行動が独自路線。

テクノ調の音楽がスピーカーから聞こえ始めたと思うと、
踊り始めるスタッフ達!踊り方が何となく日本のバブリーな時代を彷彿とさせますが、
ここは中国上海、そして早朝9時。日本深夜のマハラジャでは無いのです。


踊り始めたと思うと定期的に「ハイハイハイ!」と皆で連呼。
近所の女の子もスタッフと一緒にレッツ・ダンス!

通行人は慣れているようで、
店長とスタッフの間にあるスペースを何事もなく通り抜けていきます。

美容院の横にある「五金」の女将さんも、
外に出てじーっと彼らのテクノ体操を眺めています。
関連記事「蛇口にコンロ、トイレに水道なんでも取り付け対応。金物【五金】」はココから

凝視する女将さんに挨拶がてら話を聞くと、
彼らは毎朝朝礼を行いテクノ音楽に合わせて体操をしているのだとか。

実はこの店舗が特殊な事情という訳ではなく、
上海の場合は美容院や不動産店で同じような体操をしばし見ることができます。

また美容院では営業終了後に、スタッフを集めて勉強会や反省会を定期的に開催。
私が見かけた時は21時など結構な遅い時間帯から研修会を始めていました。

日本に比べると美容業界や不動産業界の店舗スタッフは、
中国では敬遠されがちな職種のようで、このようなテクノ体操を行って、
スタッフ同士の団結を図ったり、羞恥心を捨てさせたり、
ご近所の人たちに「うちの店舗のスタッフ活きが良いでしょ」と、
広告がてらアピールしているようです。

踊りが仕事のやる気に繋がっているとは、個人的には思えないのですが、
確かにインパクト大の朝いちテクノ体操の紹介でした。
あなたも一緒に「ハイハイハイ!」

今日の振り返り!中国語音源

体操 (tǐ cāo) 体操

美容院 (měi róng yuàn) 美容院

スポンサーリンク