リピートしたくなる快適さでした。

深センに宿泊して二日目。
スマホのお陰で周辺の地理情報がつかめたので、
タクシーを使わずに地下鉄にて移動を開始。

上海の使い切りの地下鉄チケットはカードタイプで、
カード内にはICチップが組み込まれていて再生利用が可能。
深センの地下鉄は丸いコイン状のチケットです。
おもちゃの硬貨のようですね。

券売機に並ぼうとしたのですが、
一台何やら違う券売機を見つけたので確認してみると、
「商务车厢(shāng wù chē xiāng)ビジネス車両」の文字が。

調べると普通車両とは別に深センでは、特別車両を新設。
11号線の地下鉄は空港停車を行う地下鉄。
ゆったり座席に座れるように特別車両を設けたのだとか。

折角なので乗車してみようとチケットを購入したのですが、
一般車両のチケットは緑色のコインでしたが、
ビジネス車両は黄色いコイン。

ちなみに利用した区間は一般が8元に対して、
ビジネスは24元と価格差が3倍!

ビジネス車両は地下鉄の一番後方となっているらしく、
改札口には案内もカナリ親切に表示されていました。

エスカレーターを降りてプラットフォームへ行くと、
鉄の柵で一般車両とビジネス車両は区分け。分かり易い差別化。

乗車してみるとベルベット素材のシートで豪華さを演出。
リクライニングは完備されていませんでしたが意外と乗り心地は良く、
私が乗車した駅ではビジネス利用の中国人は少なめでしたが、
都心部に近くなれば近くなるほど、乗客がワンサカ。
最終的にはある程度の座席は埋まって運行をしていました。

どうしてもゆっくり静かに座りたい。けどタクシーはチョット。
こんな時ってありますよね。

上海ではまだ導入されていないサービス。是非とも検討して欲しいですね。

今回乗車した「商务车厢」「商务」は「ビジネス」という表現。

そのため、こんな中国語も使われています。
商务楼 (shāng wù lóu) ビジネスビル
商务中心 (shāng wù zhōng xīn) ビジネスセンター
商务班 (shāng wù bān) ビジネスクラス(組)

今日の振り返り!中国語音源

商务车厢 (shāng wù chē xiāng) ビジネス車両

商务楼 (shāng wù lóu) ビジネスビル

商务中心 (shāng wù zhōng xīn) ビジネスセンター

商务班 (shāng wù bān) ビジネスクラス(組)

スポンサーリンク