上海ディズニーガラガラでスッカスカ。
中国でディズニーは受け入れられず!的な報道が、
日本のニュースで流れているという話しを耳にしました。

そこで「現地発!上海ディズニー現地の声を聞いてみた!ランド【乐园】」の調査に引き続き、
上海ディズニーランドが提供しているアプリ「Top to Explore」を使って、
平日から週末まで一週間の待ち時間を調査!

ちなみにこの「Top to Explore」アプリ。
園内のアトラクションの紹介と地図を使って位置情報を紹介。
最大のポイントはアトラクションの待ち時間を教えてくれる点。

6月16日にグランドオープンした上海ディズニーランドですが、
偶然にも「Top to Explore」を使って7月1日(金)の待ち時間を確認していました。
オープン間もない入園者がワンサカな園内と現在の園内の待ち時間。
一体、どの位の差があるのか?数字で比較してみたいと思います。

今回は14のアトラクションを同時刻で待ち時間を調査。
日本でお馴染みのアトラクションから、上海ディズニーランドのみ!という物まで、
計測したのですが、こんな結果が待っていました。

同じ金曜日を比較すると、「待ち時間は7月時点と殆ど同じか、それ以上になっている」
という点でした。

同じ金曜日で比較すると人気アトラクション「ロアリング・ラピッド」が、
11月4日の11時は中止となっていたので待ち時間を計測できませんでしたが、
それ以外のアトラクションの待ち時間の合計は、7月1日は350分、11月4日は460分。
11月の現在の方が待ち時間が長くなっているのです。
※7月1日の「ロアリング・ラピッド」の待ち時間を加味しても470分。

計測不能なアトラクションはありましたが、7月より待ち時間が長いという事は、
入園者はそこまで減っていないのかも知れません。
%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%9501

%e5%b9%b3%e5%9d%87%e5%80%a4%e8%a1%a801

ちなみに10月28日(金)の待ち時間合計は330分と短いのですが、
この日の天候は雨。雨になるとやはり入園者数が少ないようです。
10月30日(日)も待ち時間が短いのですが、この日も雨でした。

グランドオープン直後に一週間計測していればと後悔です。

ちなみに計測したアトラクションで待ち時間が長いのは、
「ジェット・パック」と「エクスプローラー・カヌー」と「ロアリング・ラピッド」。
平日の月曜から木曜に入園すると比較的待たずに楽しめそうです。

平日が狙い目である点と、天候が悪くなれば入園者が少ない。
これは日本でも同じなのですが、一概に「入園者が減った!」というのは、
グランドオープン直後と同じ曜日を確認したのか?イマイチ怪しさが残る所です。

今日の振り返り!中国語発声

观测 (guān cè)  観測

迪斯尼 (Dí sī ní) ディズニー

スポンサーリンク