*

国内蔓延が中国人も気になるウイルス。ジカ熱【寨卡】

寨卡 (zhài kǎ) ジカ熱

中国でも要注意事項になりつつあります。
先日のこと中国人スタッフが、熱が出たという事で様子を見て休暇取得。
取得自体に何ら問題はないのですが、休暇明けにこんな話しをしてくれました。

蚊を媒体にして広がりを見せる「ジカ熱」が中国でも流行っている。
皆さんも注意して下さいね。との事でした。
スタッフ、熱が出たのでもしや。。。と不安に思ったようで、
ジカ熱について調べて教えてくれたのでした。

私も中国事情を調べて無かったのでタイミングが良かったのですが、
ジカ熱の中国語は「寨卡(zhài kǎ)」とのこと。

9月5日時点でシンガポールでは258名の症状が発生して、
そのうち30名がシンガポールに住む中国人との事。

ジカ熱の媒介経路となる「伊蚊(yī wén)ヒトスジシマカ」の、
中国国内の主要分布先として海南省、雲南省、広西省などがあり、
今年に入って中国の症状として既に3つの事例があるのだとか。

5月11日にベネゼエラから入国した山西省で29歳の女性が発症
5月21日にボリビアから帰国した35歳北京男性が発症、
5月21日にベネゼエラ発パリ経由で帰国した31歳の湖北省男性が発症

全て国外経由ではありますが、中国の空港内で防げずに、
中国国内で蔓延するケースもあり、シンガポールなどは架橋や大陸の中国人など、
居住している場合も多いために、中国でも関心が高いようでした。

こんな時、頼まれるのが「虫よけムヒ」や「アースノーマット」などの、虫よけ製品。
中国にも液体タイプや蚊取り線香タイプなどの蚊よけ製品があるのですが、
中国製は人体にも影響があるとか都市伝説もあって日本製が人気。
時期的に喜ばれそうなので、国慶節の帰国に併せてお土産品に追加購入することにします。
p9183619

今日の振り返り!中国語音声

寨卡 (zhài kǎ) ジカ熱

病毒 (bìng dú) ウイルス

広告A

広告B

広告C

FACEBOOKページにご参加ください

活きた中国語を覚えよう。1160日登録率No.1中国語メルマガ。

ウェイシン(wechat)の使い方設定マニュアル入門編
特選!読んで納得の中国書籍のご紹介

「テレビに映る中国の97%は嘘である」に続く、
中国拘束21回を誇り『ガイアの夜明け』の担当でもある、
テレビ東京名物プロディーサー小林史憲氏の第二弾の書籍。

前回同様、長き中国取材活動中に実際に起きた中国の実情を刻名に紹介。
政府側とのカーチェイス、盗聴、取材妨害など、
日本で生活している人からすると「まさか!?」と呟やきそうな、
あり得ない出来事だらけの取材レポート記。

第一章 ウイグル騒乱
第二章 西部大開発
第三章 四川大地震その後
第四章 ゴーストタウン
第五章 ウカン村の闘い
第六章 泮河東村の挫折
第七章 薄煕来の重慶
第八章 重慶動乱
第九章 一人っ子政策の限界

四川省を取材した大江アナ一行が警察当局へ拘束された裏側、
ウイグルでのデモ騒ぎとその後に対する、ウイグル族の誰にも言えない本音、
バブルに浮かれる開発地区のバブル後の現実、
共産主義内で起きた村の民主化と、同じく民主化を進めた泮河東村の結果、
拘束時の警察と小林氏の取材テープ攻防戦など。

下手なフィクション書籍を読むよりも、リアリティが溢れ楽しめ、
長年、中国と向き合い続けないと知ることが出来ない情報の数々。

報道では伝えきれない、
本当の中国が抱える深い闇を知れる一冊となっています。

広告A

広告B

広告C

関連記事

意外な落とし穴。中国印刷屋での注意事項。フォント【字体】

日本には「キンコーズ」と言う印刷に便利なチェーン店舗がありますが、 ...

記事を読む

上海の大江戸温泉物語の変な単語チョイス。かわいい【卡哇伊】

この表現方法の時点で怪しさ満開です。 昨年上海にオープンして話題...

記事を読む

中国でも大人気放送中。キャラ一覧ドラゴンボール【龙珠】

日本のアニメは国境も文化も越えるのですね。 平和な世界作りにアニメは...

記事を読む

事故遭遇。中国で呼び出すと有料だった。救急車【救护车】

無料対応は日本くらいなものでしょうか。 日本も有料対応でもいいのでは...

記事を読む

孫文も愛した。レトロモダンな佇まい。総統府【总统府】

当時のノスタルジックな雰囲気が伝わってくるスポットでした。 「夫子庙...

記事を読む

新着記事

新説?紹興料理に納豆文化が根付いているのか。カビ/発酵【霉】

紹興にも、納豆の文化が有るかも知れません。 以前紹介した「绍兴名...

記事を読む

国父の愛称は実は日本由来だった。孫文【孙中山】

中国にはこんな道路や地名、名称の場所があるのをご存知でしょうか? 「...

記事を読む

中国語発音ルール。連続する三声の発音は二声に変化

中国語の独特な声調のルールです。 確かにこのルールが無かったら、...

記事を読む

聞いてくれてありがとう。日本男性美声歌手。徳永英明【徳永英明】

アニメもですが音楽も国境を越えるのです。 タクシーが少ない時には...

記事を読む

男の背中が物語る。意味不明な日本仕様の洋服。洋服【衣服】

「スーパードライ」と同じ感覚なのかも知れません。 彼とはもう出会えな...

記事を読む

コメントを残す

広告A

広告B

広告C

wechat決済マニュアル
ウェイシン(wechat)使い方設定マニュアル
ゼロから始める中国語発音講座
中国語カラオケ特集
中国語を映画で学ぶ 人気中国映画を紹介
上海のローカルフード小籠包の隠れた名店を紹介
路地裏ウォッチャー
新説?紹興料理に納豆文化が根付いているのか。カビ/発酵【霉】

紹興にも、納豆の文化が有るかも知れません。 以前紹介した「绍兴名...

国父の愛称は実は日本由来だった。孫文【孙中山】

中国にはこんな道路や地名、名称の場所があるのをご存知でしょうか? 「...

中国語発音ルール。連続する三声の発音は二声に変化

中国語の独特な声調のルールです。 確かにこのルールが無かったら、...

聞いてくれてありがとう。日本男性美声歌手。徳永英明【徳永英明】

アニメもですが音楽も国境を越えるのです。 タクシーが少ない時には...

男の背中が物語る。意味不明な日本仕様の洋服。洋服【衣服】

「スーパードライ」と同じ感覚なのかも知れません。 彼とはもう出会えな...

→もっと見る

PAGE TOP ↑