*

百の力の滋養?日系企業の新商品登場。プリッツ【百力滋】

百力滋 (Bǎi lì zī) プリッツ

日本企業の美味しい新製品を見つけました。
コンビニにふらりと足を運んだのですが、
赤・緑・黄と三色の物体が目にも鮮やかに飛び込んできました。

そこにあったのは「百力滋(Bǎi lì zī)プリッツ」の新商品。
新商品は中国語で「新上市(xīn shàng shì)」といいます。
中国語のネーミングもいいですね。
百の力が滋養される。食べると強くなりそうです!
IMG_20160705_222650

中国の「格力高(Gé lì gāo)グリコ」の戦略は非常に独特で日系の中でも、
かなり中国に踏み込んでいるなーと思えます。

プリッツ一つにしてもピザ・海苔・カフェ・チョコなど
10種類以上の味を市場に投入して、スーパーやコンビニの、
棚のエリアを確保してブランドをアピールしています。

これは中国進出している欧米企業でも見られる戦略で、
確保した販売拠点を最大限に有効活用するため、
品数を増やし販売面積を増やしてブランドをアピール。
品数が多いという点も多くの人種が生活する、中国らしい取り組みです。

今回新しく販売されたプリッツは、プレッツェルが三倍から四倍も太く、
パリッではなくザクッ的な歯ごたえ。バケットを食べている感触。

味つけは、キャラメルバター・オニオンオリーブ・チーズの三種類。
日本のプリッツサイトをみると同じ形状のプリッツがあったのですが、
味つけはオリーブオイルとチーズの二種類のみ。
中国の方が、味の種類が多い!こりゃー日本へのお土産品にも使えそうです。

折角なので三種類すべて購入。一つ6元程度でした。
正直な話、三種類ともウマーイ合格点!
食感もですが、三種類の味つけもなかなかです。

チーズとオニオンオリーブは酒飲みの私としては、
ビールやワインに合いそうです。紹興酒でもいけそう。
キャラメルバターは、ほのかな甘さが女性狙いかな、という感じですが、
日本のプリッツローストの味にも近く、安定の味でした。
コンビニで見かけたら、ザクッ!体感してみてください。

今日の振り返り!中国語音声

百力滋 (Bǎi lì zī) プリッツ

新上市 (xīn shàng shì) 新製品

広告A

広告B

広告C

FACEBOOKページにご参加ください

活きた中国語を覚えよう。1110日登録率No.1中国語メルマガ。

ウェイシン(wechat)の使い方設定マニュアル入門編
特選!読んで納得の中国書籍のご紹介

著者はダイキン工業㈱の
グローバル戦略本部初代中国部長を皮切りに、
華北地区総代表、初代北京代表処所長、首席代表などを歴任。
大金(中国)投資有限公司の設立に奔走された初代董事。
※ダイキンは中国語で「大金」

その中で”腎不全になり”とプロフィールにあるのですが、
しこたま中国人と白酒を飲みビジネスを推し進められたのかな。。。
と勝手に推測してしまいます。

書籍の基本構成は以下。
中国全省を6つのエリアに分けています。

第一章、環渤海経済圏
北京市、天津市、河北省、山東省、山西省、河南省

第二章、華東経済圏
上海市、江蘇省、浙江省、安徽省

第三章、華南経済圏
広東省、江西省、海南島、福建省

第四章、東北三省、内モンゴル自治区
遼寧省、吉林省、黒竜江省、内モンゴル自治区

第五章、中西部開発地域
重慶市、四川省、甘粛省、陜西省、湖北省、湖南省、
貴州省、広西チワン族自治区、雲南省

第六章、イスラム・チベット圏
青海省、寧夏回族自治区、新疆ウイグル自治区、チベット自治区

各省の基本的な人たちの生活風習や性格、
また省自身が目指している中国でのポジション、
省や省の人達を表現する「小話」や「逸話」を披露。
その省の有名人や省のうまいものを紹介。

国土も人口も日本の十数倍ある中国を、
この一冊の書籍で垣間見ることができます。

著者に共感できるのは、中国人は一括りに出来ない、
とこの書籍を通して紹介してい点。

13億人の人口、風土も文化も生活習慣も違う、
それぞのの省、根付いて生活をする中国人を
分類けしつつ中国を紹介している書籍です。

広告A

広告B

広告C

関連記事

日本より身近。中国でも食べられる大豆加工製品。湯葉【豆腐皮】

個人的には好きな食材の一つです。 低糖質ダイエットを始めたから、...

記事を読む

街の巨匠!モナリザを描く。世界の巨匠一覧付き。画家【画家】

ニュータイプの表現方法でした。 ひと仕事終えて帰宅している際に路...

記事を読む

深センで見かけた。大陸と香港で異なる漢字表記。繁体字【繁体字】

香港の近さが肌で伝わってきます。 先週は深センに滞在していたので...

記事を読む

初体験。深セン地下鉄の特別サービス。ビジネス車両【商务车厢】

リピートしたくなる快適さでした。 深センに宿泊して二日目。 ス...

記事を読む

オバサンの次は兄貴。深センで見かけたコワモテ男性。兄【哥】

マダムの次は兄貴です。 深センのお昼時。「食は広州にあり」という...

記事を読む

新着記事

日本より身近。中国でも食べられる大豆加工製品。湯葉【豆腐皮】

個人的には好きな食材の一つです。 低糖質ダイエットを始めたから、...

記事を読む

街の巨匠!モナリザを描く。世界の巨匠一覧付き。画家【画家】

ニュータイプの表現方法でした。 ひと仕事終えて帰宅している際に路...

記事を読む

深センで見かけた。大陸と香港で異なる漢字表記。繁体字【繁体字】

香港の近さが肌で伝わってきます。 先週は深センに滞在していたので...

記事を読む

初体験。深セン地下鉄の特別サービス。ビジネス車両【商务车厢】

リピートしたくなる快適さでした。 深センに宿泊して二日目。 ス...

記事を読む

オバサンの次は兄貴。深センで見かけたコワモテ男性。兄【哥】

マダムの次は兄貴です。 深センのお昼時。「食は広州にあり」という...

記事を読む

コメントを残す

広告A

広告B

広告C

wechat決済マニュアル
ウェイシン(wechat)使い方設定マニュアル
ゼロから始める中国語発音講座
中国語カラオケ特集
中国語を映画で学ぶ 人気中国映画を紹介
上海のローカルフード小籠包の隠れた名店を紹介
路地裏ウォッチャー
日本より身近。中国でも食べられる大豆加工製品。湯葉【豆腐皮】

個人的には好きな食材の一つです。 低糖質ダイエットを始めたから、...

街の巨匠!モナリザを描く。世界の巨匠一覧付き。画家【画家】

ニュータイプの表現方法でした。 ひと仕事終えて帰宅している際に路...

深センで見かけた。大陸と香港で異なる漢字表記。繁体字【繁体字】

香港の近さが肌で伝わってきます。 先週は深センに滞在していたので...

初体験。深セン地下鉄の特別サービス。ビジネス車両【商务车厢】

リピートしたくなる快適さでした。 深センに宿泊して二日目。 ス...

オバサンの次は兄貴。深センで見かけたコワモテ男性。兄【哥】

マダムの次は兄貴です。 深センのお昼時。「食は広州にあり」という...

→もっと見る

PAGE TOP ↑