日本企業の美味しい新製品を見つけました。
コンビニにふらりと足を運んだのですが、
赤・緑・黄と三色の物体が目にも鮮やかに飛び込んできました。

そこにあったのは「百力滋(Bǎi lì zī)プリッツ」の新商品。
新商品は中国語で「新上市(xīn shàng shì)」といいます。
中国語のネーミングもいいですね。
百の力が滋養される。食べると強くなりそうです!
IMG_20160705_222650

中国の「格力高(Gé lì gāo)グリコ」の戦略は非常に独特で日系の中でも、
かなり中国に踏み込んでいるなーと思えます。

プリッツ一つにしてもピザ・海苔・カフェ・チョコなど
10種類以上の味を市場に投入して、スーパーやコンビニの、
棚のエリアを確保してブランドをアピールしています。

これは中国進出している欧米企業でも見られる戦略で、
確保した販売拠点を最大限に有効活用するため、
品数を増やし販売面積を増やしてブランドをアピール。
品数が多いという点も多くの人種が生活する、中国らしい取り組みです。

今回新しく販売されたプリッツは、プレッツェルが三倍から四倍も太く、
パリッではなくザクッ的な歯ごたえ。バケットを食べている感触。

味つけは、キャラメルバター・オニオンオリーブ・チーズの三種類。
日本のプリッツサイトをみると同じ形状のプリッツがあったのですが、
味つけはオリーブオイルとチーズの二種類のみ。
中国の方が、味の種類が多い!こりゃー日本へのお土産品にも使えそうです。

折角なので三種類すべて購入。一つ6元程度でした。
正直な話、三種類ともウマーイ合格点!
食感もですが、三種類の味つけもなかなかです。

チーズとオニオンオリーブは酒飲みの私としては、
ビールやワインに合いそうです。紹興酒でもいけそう。
キャラメルバターは、ほのかな甘さが女性狙いかな、という感じですが、
日本のプリッツローストの味にも近く、安定の味でした。
コンビニで見かけたら、ザクッ!体感してみてください。

今日の振り返り!中国語音声

百力滋 (Bǎi lì zī) プリッツ

新上市 (xīn shàng shì) 新製品

スポンサーリンク