ネットの世界は中国も過激なようです。

Wechatと呼ばれる中国発祥のSNSの情報共有を行う機能、
モーメンツで取り上げられていた話題。

動画がアップされていたのですが、
よーくみるとアパレルショップのレジをウロウロする、
白い服を着た女性が一人。

何やら廻りを警戒して、、、その瞬間!!!
女はレジ奥に手を伸ばし何かを手にとったのでした。
Screenshot_2015-09-09-07-51-25

他に取り上げられていた動画や画像も、
同様に白い洋服の女性が、レストランはアパレル店舗や美容室で、
レジ近くで盗みをはたらいているという内容。
Screenshot_2015-09-09-07-53-53

どうやら同じ女性が同じような行動を取って、
ショップ店員やレストラン客のiPhoneを拝借するという犯行手口。

そして顔写真付きで「偷窃(tōu qiè)窃盗」と、
白服女性をウォンテッド!!の画像付き。
Screenshot_2015-09-09-07-53-21

ここまで来ると民間警察。
盗まれた気持ちがここまでさせるのでしょう。
ネットの力は一瞬にして爆発的に作用するようです。

こんな白服女性の泥棒(こそ泥)を中国語では、
「小偷(xiǎo tōu)」と呼びます。
先ほどの窃盗の漢字が入っていますね。

もし、警察に話をする際はこんな感じで。
「小偷偷走了(xiǎo tōu xiǎo zǒu le)泥棒が盗んで逃げた」

混雑している人気の路線バス、
多くの人が集まる週末のショッピングモール。
長蛇の列のエスカレータなどでこそ泥から財布や携帯を盗まれた時、
こんなフレーズで「盗まれたの!」と表現ができます。

我的手机被小偷偷走了
wǒ de shǒu jī bèi xiǎo tōu xiǎo zǒu le
私の携帯はこそ泥に盗まれた!

となります。

余り覚えて使いたくないフレーズではありますが、
「我」の部分を「你」に替えれば友人を助けるフレーズに早変わり。
自分のため、友人のためにも覚えておきましょう。

今日の振り返り中国語音源

小偷 (xiǎo tōu) 泥棒

偷窃 (tōu qiè) 窃盗

スポンサーリンク