週末は自宅に待機。
理由は日本でもニュースになっていましたが、
上海に台風9号「灿鸿(càn hóng)」が上陸したため。

日本の芸能人も上海に足止めになった、
そんなニュースが流れてましたよね。

飛行機も運休停止になりますが、上海台風が来ると一大事。
事務所のビルは一斉放送「各自、事務所の窓は必ず締めて帰る事」

携帯には強制的に上海気象台から一斉メール。

「非常に大型な灿鸿の影響が。
10日の夜から12日お昼まで暴風雨。
市民の皆さんは外出は控え、防備を。」
489_Screenshot_2015-07-11-15-17-29

台風に慣れていない上海市民。
我が家の住宅区も、「ショートメッセージと同じように外出規制と、
ベランダの植木などは落下しないように部屋の中へ。」との張り紙も。

自然の脅威。用心に越したことはないですよね。

上海生活で台風直撃は数回しか経験していませんが、
街路樹が根こそぎ倒れたとか、あまりの大雨で排水が間に合わず道が川状態など、
ろくな事がありません。

11日の朝、自宅から定点観測。
殆ど人が出歩いていません。たまにこんな三輪車のお父様が。
仕事だと思うんですが、大丈夫かな。
489_P7116806

489_P7116810

上海以外の地区では水没した地区もあるようです。
紹興酒で有名な紹興地区のエリアは、完全に水没。
元々水郷地区で海抜が高くないというのもあるので、
大雨が降るとこんな状態になるようです。

空港は出航延期、一部の地方は避難していたエリアもあったようで、
こんな時に武警と呼ばれる(武装警察)が、救出活動に駆り出されていたようです。
皆さんも台風、暴風などの自然災害時は、無理せず待機や避難を。

中国語でも雨風がひどい状態を日本語と同じく「暴雨(bào yǔ)」と呼びます。
これは決まりフレーズですが、「下了一阵暴雨(xià le yī zhèn bào yǔ)」で、
「大雨が降った」という意味になります。

※ニュース記事の画像はココから。
※ニュース記事の動画はココから。

今日の振り返り中国語音源

暴雨 (bào yǔ) 暴雨

台风 (tái fēng) 台風

スポンサーリンク