*

中国名物。街の至る場所で怒鳴り合いけなし合い。批判する【批评】

批评 (pī píng) 批判する

ちょっとの油断が命取り。6月梅雨の季節に入った上海。
大雨をキッカケに湿度が上昇、ムシムシべとべとな季節の到来です。

雨音激しいこんな季節でも、チリンチリンと自転車を走らせる人達が多いこと。
着替えて雨カッパでの移動ならまだしも、
傘を片手にフラフラーな移動はこんな結果を招きます。

バッシャーン。自転車二台、バイクの衝突事故。
474_P6161312

474_P6161313
後方から衝突したらしいマダム。
腕をしきりに振りかざし、相手に向かって指差し、
上海語でまくしたてるように批判中。
474_P6161314

道路の真ん中だろうがお構いなし。
運良くけが人はでていないようですが、
持論を上海語で話しているようです。
474_P6161315

474_P6161316

474_P6161318
一般的に外国人が習う中国語は普通語と呼ばれ、
上海語は上海特有の言葉、つまり方言に当たります。

正直私は上海語については勉強していないので単語程度しか分からないので、
マダムの批判内容がさっぱり不明。
分からなくとも、動きと声の大きさ等で怒っているのは十分伝わります。

感情的になると普段普通語を話している上海人は、
上海語で更に地元の色をだして口論が始まります。
これは上海人に限った事ではなく、地方地方で同じように、
気持ちを深く伝えたいとなると、この傾向が高いです。

感情的になるのはいいのですが、道のど真ん中。
通行止めもいいところで、車もいそいそと隙間を見つけて素通り中。

こっちが油断していなくとも、前方を傘で覆い隠して、
晴れた日と同じスピードで自転車を突進してくる人が非常に多い。
また夕刻もライトを点灯せずに時速20キロ以上で突進する、
電気自動車や電気バイクが多い。

そうなると事故の確率も当然多くなり、
街の何処かで小競り合いは日常的に起きています。

マダムが振り上げた行動。
相手に対して批判的な態度でしたが、中国語では「批评(pī píng)」と呼ばれます。
漢字から分かるように、「批判」だけではなく「批評」という意味としても使われます。
「接受(jiē shòu)」を付け足すと、「接受批评(jiē shòu pī píng)」
「批判を受け入れる」となります。

今日の振り返り中国語音源

批评 (pī píng) 批判、批評

接受批评 (jiē shòu pī píng) 批判を受け入れる

広告A

広告B

広告C

FACEBOOKページにご参加ください

活きた中国語を覚えよう。1160日登録率No.1中国語メルマガ。

ウェイシン(wechat)の使い方設定マニュアル入門編
特選!読んで納得の中国書籍のご紹介

書籍の題名「テレビに映る中国の97%は嘘である」

どれだけTVがあざとく、視聴者を騙し、裏切り、
したたかに報道している、そんな暴露的な内容なんだろーな、
と読む前に自己分析。

読み進めると取材はどうやって、ウラを取って、
取材に持ち込み、現地に赴き、あの手この手で話を聞き出しと、
いくらたっても暴露が出てこない。

「アレレレ」と思いながら読むのだが、
実は報道では中々伝わってこない報道の詳細な経験談。

著者が言いたいのは暴露話!的なことではなく、
取材を重ねて、ウラを取って、綿密に取材をした内容でも、
TVではその3%位しか表現できない。

時間的制約で放送できないという事を、
「97%は嘘だぁ!」と伝えられないモドカシサを、
そんな逆説的な表現を使って、題名にしたんだな、
と思いながら読み進めることができた。

記者らしい、状況を推測しながら、
その先にある真実は何かという点を一つ一つ丁寧に説明。
TVでは伝えられない取材の裏話を、
この書籍に全力投球している感がひしひしと伝わってきた。

書籍の文面の臨場感がそうさせるんだろうな、
脳みそが次のページを早くめくれと訴える。

そんな躍動感に溢れ、中国の裏表を知っている、
下手なサスペンスドラマを見るより、絶叫ジェットコースタ級。

第一章 反日デモの最前線-石原慎太郎の妄想が生んだ悲劇
第二章 中国一の金持ち村-328メートルの高級ホテルから観た異様
第三章 「ワイロ」と「マオタイ」-マオタイ酒が象徴する中国社会
第四章 チベット族と漢族-仏画を描く青海省の村で
第五章 中国の臨時従業員-毒餃子事件の犯人が生まれた村で
第六章 中朝国境-脱北者収容所までの道

中国当局に21回拘束されたテレビ東京の一筋縄ではいなかい、
アゴ長名物記者の目線で書かれた、10万部突破の1冊。

広告A

広告B

広告C

関連記事

意外な落とし穴。中国印刷屋での注意事項。フォント【字体】

日本には「キンコーズ」と言う印刷に便利なチェーン店舗がありますが、 ...

記事を読む

上海の大江戸温泉物語の変な単語チョイス。かわいい【卡哇伊】

この表現方法の時点で怪しさ満開です。 昨年上海にオープンして話題...

記事を読む

中国でも大人気放送中。キャラ一覧ドラゴンボール【龙珠】

日本のアニメは国境も文化も越えるのですね。 平和な世界作りにアニメは...

記事を読む

事故遭遇。中国で呼び出すと有料だった。救急車【救护车】

無料対応は日本くらいなものでしょうか。 日本も有料対応でもいいのでは...

記事を読む

孫文も愛した。レトロモダンな佇まい。総統府【总统府】

当時のノスタルジックな雰囲気が伝わってくるスポットでした。 「夫子庙...

記事を読む

新着記事

新説?紹興料理に納豆文化が根付いているのか。カビ/発酵【霉】

紹興にも、納豆の文化が有るかも知れません。 以前紹介した「绍兴名...

記事を読む

国父の愛称は実は日本由来だった。孫文【孙中山】

中国にはこんな道路や地名、名称の場所があるのをご存知でしょうか? 「...

記事を読む

中国語発音ルール。連続する三声の発音は二声に変化

中国語の独特な声調のルールです。 確かにこのルールが無かったら、...

記事を読む

聞いてくれてありがとう。日本男性美声歌手。徳永英明【徳永英明】

アニメもですが音楽も国境を越えるのです。 タクシーが少ない時には...

記事を読む

男の背中が物語る。意味不明な日本仕様の洋服。洋服【衣服】

「スーパードライ」と同じ感覚なのかも知れません。 彼とはもう出会えな...

記事を読む

コメントを残す

広告A

広告B

広告C

wechat決済マニュアル
ウェイシン(wechat)使い方設定マニュアル
ゼロから始める中国語発音講座
中国語カラオケ特集
中国語を映画で学ぶ 人気中国映画を紹介
上海のローカルフード小籠包の隠れた名店を紹介
路地裏ウォッチャー
新説?紹興料理に納豆文化が根付いているのか。カビ/発酵【霉】

紹興にも、納豆の文化が有るかも知れません。 以前紹介した「绍兴名...

国父の愛称は実は日本由来だった。孫文【孙中山】

中国にはこんな道路や地名、名称の場所があるのをご存知でしょうか? 「...

中国語発音ルール。連続する三声の発音は二声に変化

中国語の独特な声調のルールです。 確かにこのルールが無かったら、...

聞いてくれてありがとう。日本男性美声歌手。徳永英明【徳永英明】

アニメもですが音楽も国境を越えるのです。 タクシーが少ない時には...

男の背中が物語る。意味不明な日本仕様の洋服。洋服【衣服】

「スーパードライ」と同じ感覚なのかも知れません。 彼とはもう出会えな...

→もっと見る

PAGE TOP ↑