上海の公園のお勧めスポット。
私の中では復興公園、人民公園、魯迅公園の3つがお勧め。
復興公園は芝生が映えて空が手に届きそうで気持ちいい。
凧揚なども楽しんでいる人民も。

人民広場は上海中心部のスポット。
週末は多くの老人が息子娘の婚約者探しで交流会を実施。

そして近所の魯迅公園。
ここは探偵ナイトスクープの「パラダイスネタ」ばりの宝庫。
週末には定期的に尋ねる公園の一つです。

最近改修工事も終えて、多くの人民が楽しむ魯迅公園。

テクテク園内を歩くと地響きのような音が。
誘われるがママ、音の方へ近づいてくと、音の正体はこれ。
462_P5105678

462_P5105681

462_P5105683

参加者をみると白髪、杖を持っていたりと、
退職者以上の年齢層が高めの中国人が一同に集まり、
輪になっています。その数200人以上。

これ自然と集まった輪のようですが、
輪の中心には指揮者もいて、何をしているのかというと皆で大合唱。
中々の大迫力です。

また他の場所を尋ねると、ソコまで準備するの?と思う人達が。
先ほどの歌は範疇に収まりますが、
スピーカー持参で演奏会を始める、パンチの効いたヘアースタイルのマダム。
462_P3293981

462_P3293984

どうやらバチを握る両手の前には電子ドラムを配置。
横のサングラスのハーモニカーダンディとのセッション中。
それを見守る熱狂的(?)な大衆。

スピーカーの電源はどうしている?何処から運び込んだ?
なぜソコまで演奏するの?彼らの熱意の源は何だ?

などなど聞きたい事が山ほどモヤモヤと頭に浮かぶ、
コチラのマダム達のセッション。
これを見たい方は週末午前中だと見れる可能性が高いです。

何にしても中国人の人生の楽しみ方を見ると、
良い悪いは別として多岐にわたっています。

退職者の表情を見ると楽しげで、ゆとりがあり人生を謳歌。
老後の楽しみ方、中国人に見習うべき所も多いように思えます。

今日の振り返り中国語

演奏 (yǎn zòu) 演奏

老人 (lǎo rén) 老人

スポンサーリンク