国が違うとマナーの概念って違うのだなと思うことがしばしば。
特に地下鉄やバスなどの公共機関で遭遇する出来事は、
11年経った今でさえ「おおっ!!」と驚くことがあります。

地下鉄でジュルジュルーと豆乳を朝からすする、妖怪豆乳ススリ、
口いっぱいにバナナや肉まんを食べ始める、食物頬張り女、
ホームの開閉を知らせる音がジジジィと鳴ると同時飛び込み乗車する、
妖怪飛び込みヒョロリなどなど、水木しげるも知らない中国妖怪がウヨウヨ。

今日紹介する妖怪は、地下鉄で小さく甲高い音を出す妖怪。
ガタンゴトンがたんごとんの地下鉄が線路を走る音にまぎれて、
パチン・パチン・パチンと音を響かせる。

何処からかだ!と思い、見渡すとピッカリと銀色に光る凶器を手に持ち、
自分の指に向かう男性が!
447_P5095363

彼、地下鉄に乗りながら爪を切っているのです。
パチパチパチパチ、人の目を気にせず黙々と切り続ける。
そうです、凶器を片手に爪を切る、妖怪爪パチパチぱっちん。
447_P5095365

447_P5095367

この妖怪、男性だけでもなく女性もたまに見かけます。
で、切った爪はどうするか?彼はバックの上にまき散らした切りクズは、
手で払いのけて地面に捨てていました。

地面に落ちた爪からまた、妖怪爪パチパチぱっちんが生まれるのです。。。。
なんつって。

これを見ると日本人的にはマナーが悪いという事になるんですが、
多分本人はマナーが悪いとはあまり思っていない可能性が。

他人が「イヤーね、あの人。ナンザマスの!」とヒソヒソ話せば、
恥ずかしがる可能性もありますが、基本赤の他人の行為に我関せず。
な人達が多いのでそんな話をしない。

メンツと関係するので自分の行為を改めるという概念も薄い。
が、逆にこれ恥ずかしい行為だと分かると、コソッと、チョコっと変えていく、
というのも事実。

その理由は海外に留学経験、仕事などで海外生活した経験があると、
(※長期間の場合)この辺の一般的なマナーは、あーマナー違反な行為ね。
と本人も分かる事も多いようです。

今回妖怪爪パチパチぱっちんが切っていた爪。
中国語で「爪(zhǎo)」という漢字を使うと「動物などの爪」の意味となり、
「人間の爪」を表現したい場合は「指甲(zhǐ jiǎ)」として扱います。

「你的爪(nǐ de zhǎo)」等と間違って使うと、
「お前の動物みたいな爪はー」と比喩的表現に勘違いされて怒られ、
「ブヒブヒ!」と豚鼻で怒られるかも知れません。ご注意を。

今日の振り返り中国語音源

爪 (zhǎo) 動物の爪

指甲 (zhǐ jiǎ) 人間の爪

指甲长了 (zhǐ jiǎ cháng le) 爪が伸びた。※軽声がないので、「le」は一声で表現しています。

剪指甲 (jiǎn zhǐ jiǎ) 爪を切る。

スポンサーリンク