「检查 (jiǎn chá) 検査する」の音声は以下をクリック。

日本の地下鉄乗り場ではまず見かけない装置。
上海にはこんな設備が地下鉄に備わっています。

見た目でお分かりと思いますが、
危険物探知機。日本では見かけないですよね。

上海、北京など地下鉄が走る都市ではお馴染みの装置。
ただし上海と北京では、活用の度合いが完全に違います。
300_DSCN0819

300_DSCN0821

北京の場合。
市民は必ず手荷物を装置に通して、
改札口へと向かいます。検査率100%。

上海の場合。
三割四割の市民が手荷物を装置に通しますが、
残りは通さず素通り。

検査員も「通して!」と、一応は言いますが、
市民も何事も無かったかのように素通り。
正直検査員も結構アバウトな方が多い。

北京は政治の都市。検査が厳しくて当たり前。
従わない方が面倒が起きるのか従順に対応。

上海だと「通してどうするの?」という感触が強いのか、
素通り市民が多く、稀に細かい検査官がいると、
一触即発!小競り合いに発展する場合も。

上海、確かに検査に一貫性がない。

手にコンビニ袋、肩にカバンを掛けた人が、
コンビニ袋は検査員に開いて見せて、
カバンはそのままノーチェックの検査員。

こんな一貫性がない検査なので、
市民も厳重じゃないのよねと、
あまり相手にしていません。

ただし上海で政府系の催しがある際は、
検査員に混じって公安警察が対応する場合も。
そんな時は明らかに検査に協力的になる市民。
いやー公安の威厳は凄いです。

検査を表現する中国語、检查(jiǎn chá)
最初の漢字「检」が日本語と違います。
注意が必要。

また最初の漢字「检(jiǎn)」は三声なので、
最初は少し強めに音を出しながら、
わざとらしく思える位に音を下げる方が、
三声の音が相手によく聞こえます。

三声は日本人には苦手な音。
わざとな位、音を下げる。
これ以外と三声克服のポイントです。

スポンサーリンク