「挂 (guà) 掛ける」の音声は以下をクリック。

中国で生活をするとタクシー、社用車、長距離バスなど、
自動車を利用される日本人も多いかと思います。

中国人の運転、彼らには彼らなりの日本人には分からない、
運転ルールやマナーがあるのだと思いますが、
それにしても車間距離が近かったり、
追い越しがマリオカートなみだったりと少々怖い目に会うことも。

バーチャルな世界だったら問題ないのですが、
現実世界でゲームオーバーだけは勘弁して欲しいです。

そんな激しい運転事情の中国。
車のバックミラーを見てみると、よく赤い紐で出来た飾りがぶら下がっている事が。

赤い紐以外にも毛沢東の写真が飾ってあったり、翡翠が飾ってあったり、
福の文字であったり、笑顔の大黒様であったり、
午年の今年は馬のキャラクターが飾られていたりします。
208_P5240918

208_P5240920

208_P6081109

この赤い紐を含めて飾りを掛ける理由、これ日本で言うお守りだそうです。
確かによーくみると「平安(píng ān)無事」という意味が書いてあったりします。

毛沢東を飾っている人は多分、愛国心の塊なのかも知れません。
と、勝手に思っていたのですが、毛沢東自体もお守りらしいです。
ちなみに、毛沢東が一番効果があるお守りだ!という話も。

いつの間にやら、国の指導者からお守りの神様になった毛沢東。
有名人も大変です。

この掛けている製品名は「汽车挂饰(qì chē guà shì)」と呼ばれ、
掛ける事を中国語で「挂(guà)」といいます。

挂を使ったその他の表現

挂衣服 (guà yī fu) 洋服を掛ける
挂帽子 (guà mào zi) 帽子を掛ける
挂地图 (guà dì tú) 地図を掛ける

ちなみに「挂(guà)」には「電話を切る」という意味もあります。
なので、電話を切る時に最後に「挂了(guà le)」を付け足すと、
「切るねー」という表現に。

色々な挂(guà)、覚えて使ってみましょう!

スポンサーリンク