「红线 (hóng xiàn) 男女の縁/赤い糸」の音声は以下をクリック。

運命の赤い糸。

日本では男性と女性の小指から、
見えない糸がそれぞれ縁の有る異性に繋がっている・・・
そんなロマンチックな話し一度は聞いた事があるかと思います。

この赤い糸伝説、
ソモソモ中国から日本に伝来された話し。

中国では手首や足首に赤い糸で結った、
ミサンガ状の紐を付けています。
この紐には純金の粒が付けられています。

赤と金は中国伝来の縁起を担いだ物。
切っても切り離せない関係の色です。

友人の微信にアップされていた写真。
こんな感じに自分の好きな金の粒をセレクト。
195_mmexport1400980743012

195_mmexport1400980750042
金は純金専門店で手軽にGET。

日々金の価格は変動しますので、
ちょっと買いたいな、、、と計画を立てて、
価格が下がったら直ぐ購入!のようです。

肝心の紐の部分は街の至る所で、
屋台を開く店主がスタンバイ。

強いこだわりが無ければ、
何処の店舗でも殆ど同じ差不多。

金と紐を揃えたら、ミサンガ状に作りこんで、
手首や足首に付けています。
195_P5250943

195_P5250944

195_P5250945
この足首というのがポイント。
元々の縁を繋げる赤い糸は足から発生している、
という言い伝えもあり、足に身に付ける人がいるんですね。

当然足首ではなく手首に身に付ける人や、
足も手首にも身に付ける人がいます。
195_P5250947

付けている人には、実は三種類の意味が。

既にお付き合いをしていて、
彼氏彼女同士で同じように身に付けることで日頃離れていても、
お互いが通じあっている、という事を表現しています。

もう一つの意味は、
未だ彼氏彼女、意中の人が見つかってない人。

身に付ける事で、現在彼氏彼女を募集中!を表現。
一種のお守りのような感じ。
身に付けると見つかる!と言うことのようです。

その為、生まれたばかりの子供に、
この赤い糸を付けている場合は、
将来結婚できますように・・・という願いを込めています。

この二つはどちらも、ご紹介した赤い糸伝説。

そしてもう一つは家族で身に付ける場合。
異性を探す以外に、実は平穏な暮らしを希望する為、
家族で身につける場合があります。
195_mmexport1401028990294
平平安安(píng píng ān ān)、平穏で穏やかで無事な生活を希望する際に、
この赤い糸で出来たミサンガを身に付ける場合が。

この場合は赤は女性が身につけ、
男性は赤では無くても良いようです。
一つの同じ願いの為に身に着けている、
という要素が強いようです。

スポンサーリンク