日本でもお馴染みの福を招く猫こと招き猫は中国語で「招财猫(zhāo cái māo)」と呼ばれています。中国の妙にリアルで稼働する招き猫と、どうして中国でも招き猫が受け入れられ店舗などで置かれているのか?中国の招き猫事情についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

街で見かけた妙にリアルな招き猫

テクテク上海の街を歩く道すがら。遠くに金色に光る物体が。
道に置かれていた招き猫

日本でもお馴染みの招き猫。ド派手な金色。植え込みの緑が生えて、神々しく輝きをましていました。
妙にリアルな中国の招き猫

中国版は妙にリアル。暗闇で見たらちょっとビックリしそう。道端に置かれていたのは、道路横の店舗引っ越しで受付に飾られていた招き猫を一時退避していたようです。

首には「福」の文字。小判には「開運」と「億万両」の文字。腕には「招财进福(zhāo cái jìn fú)財を招いて、福をもたらす」という文字が。この腕は可動式でちゃんと手招きします。

台湾で流行すると中国大陸でもブームの兆しが

招き猫は元々、日本生まれですが、台湾で起きた日本ブームで招き猫が受け入れられ、台湾でブームになったものが中国大陸にも入ってきたようです。

日本のアニメや日本文化、日本食品などは、まずは台湾で受け入れられ人気が出たものが、そのあと中国大陸で受け入れられる傾向が高いです。

また中国人は犬よりも猫が大好きな方が多いので縁起と嗜好が相まって受け入れられたように思っています。

「招财进福(zhāo cái jìn fú)」と似た言葉で「招财进宝(zhāo cái jìn bǎo)」という表現もあり、新年の挨拶で使えそうな縁起の良いフレーズです。中国人に新年の挨拶をする際に、使ってみてはどうでしょうか?

スポンサードサーチ

今日の振り返り!中国語発声

招财猫 (zhāo cái māo) 招き猫