今回は「嗨棒(hāi bàng)ハイボール」の中国語表現をご紹介。ハイボールの中国語以外に中国で流行りだした居酒屋の状況やハイボールをもっと楽しむための注文方法として氷を多め、少なめ、レモンを追加、ウイスキー多め等ハイボールの注文で使えそうな表現方法も合わせてご紹介したいと思います。今夜も皆でカンパーイ!

スポンサーリンク

中国で広がりをみせる日式居酒屋の実情

上海では日本食の人気が二十代や三十代の層を中心に年々ウケています。中でも日本式の居酒屋や、なんちゃって寿司屋が続々とオープン。これは日本の漫画「深夜食堂」の影響も大きく起因しています。

上海人の若者には「深夜食堂」のような少し場末で、マニアックで日常生活を忘れられるような、あの空間が堪らないそうで、(もちろん漫画の一話一話の話も人気ですが)そのため居酒屋の看板や広告に深夜食堂!と書いている店舗もみかけます。

中国語でハイボールを何と書く、何と読む

そんな流行りの日本式居酒屋。中国人が経営している店舗に足を運んだのですが、ここにもありました日本から上陸した飲み物、ハイボール!

「角瓶嗨棒 (jiǎo píng hāi bàng) 角瓶ハイボール」
「黑加仑 (hēi jiā lún) カシス味」
「可乐 (kě lè) コーラ味」
「特浓 (tè nóng) 濃い目」

と四種類の味を提供。
「サントリー角瓶」を使ったハイボールなので「角瓶嗨棒」と書かれていますが、
上海の飲食店で「嗨棒=ハイボール」という認知が広まっているように感じます。

それにしても「濃い目ハイボール」なんてのも憎いですね日本と同じです。
ハイボール1杯25元。日本円にすると500円ていど。

ハイボールの中国語は「嗨棒(hāi bàng)」これは上海のサントリーの功績が大きいと思うのですが、日本のブームに乗って上海の居酒屋でもハイボールは大人気。ハイボールに欠かせないウイスキー角瓶も、ファミリーマートでは入手可能です。
「嗨棒(hāi bàng)ハイボール」他の表現方法も実はあります。

日本帰国時に見かけた中国人&英語圏向けの手書きのメニュー表には、「威士忌+炭酸(wēi shì jì tàn suān)」と表記。「威士忌」は「ウイスキー」の中国語ですが、「炭酸」は「汽水(qì shuǐ)」の方が、中国語的にはまだ腑に落ちる言い方です。

先ほどもご紹介したように「嗨棒 (hāi bàng)」の名称は中国サントリー発祥の可能性が高いのですが、上海など日本式居酒屋が商売をしているエリアでは、「威士忌+炭酸」より「嗨棒」の呼び方の方が浸透しているのでした。

スポンサードサーチ

ハイボールをもっと楽しく飲むために。追加表現方法

自分好みのハイボールを楽しむための中国語表現をご紹介したいと思います。お店のスタッフに中国語で依頼するとウケること確実です!

氷を多くして下さい。
多加一点冰块
duō jiā yì diǎn bīng kuài

氷を少なくして下さい。
少加一点冰块
shào jiā yì diǎn bīng kuài

(ウイスキー)濃いめで作って下さい。
浓加一点威士忌
nóng jiā yì diǎn wēi shì jì

(ウイスキー)薄めで作って下さい。
淡加一点威士忌
dàn jiā yì diǎn wēi shì jì

レモンの輪切りを入れて貰えますか?
能不能加柠檬片?
Néng bù néng jiā níng méng piàn

ハイボール以外のお酒のカクテルに関する表記を紹介

お酒好きな方からすると「ハイボール」以外のお酒に関する表現方法も気になるかと思います。カクテルに関する中国語表現について別の記事に紹介していますので、興味のある方はご覧ください。

お酒三昧。色々あるカクテル種類一覧。カクテル【鸡尾酒】

スポンサードサーチ

今日の振り返り!中国語音声

嗨棒 (hāi bàng) ハイボール

威士忌 (wēi shì jì) ウイスキー