コロナウイルスで入場規制などが多い中、無事にビザ更新が終了しました。今回ビザ申請で必要となる「臨時住宿登記単」の発行がいつの間にか新しくなっていて先に知っておけばコロナで騒いでいる最中に派出所に訪問しないで済みました。

また実際のビザ発行に関わる浦東の「上海市公安局出入境管理局」では何時もとは違う体制で我ら外国人を待ち構えていました。

知っておくと余計に時間を使わない「臨時住宿登記単」の発行方法と浦東の「上海市公安局出入境管理局」の様子をご紹介。

スポンサーリンク

派出所よサヨウナラ。ネットで完了「臨時住宿登記単」

派出所へ「临时住宿登记单(lín shí zhù sù dēng jì dān)」の手続きに行くとこんな紙を渡されました。話を聞くとネットで対応が完了に。派出所に出向く必要は無くなったのです。※上海についてです。他の省は違うと思います。
臨時住宿登記単のWEB登録用紙

毎年恒例行事でしてパスポート持参、パスポート写真部分・入国スタンプ部分・ビザ部分・大家の身分証・大家の自宅証明書をコピーして持参したのにぃぃぃ。

「ネットで申請が完了する」って、今までコピーして準備していた資料が必要なのか?と思いつつ処理をすると非常にシンプルに少ない資料で完了しました。

写真の左のQRコードをスマホでスキャン。ちなみに既にバージョンアップもされていて中国語、英語、日本語、韓国語が選択可能に。

私が登録した時は中国語のみでした。この辺も一旦立ち上げてから各対応に走る。中国らしい対処法です。

私が登録した時より対応が変わっている可能性もありますが、基本的な流れはこんな感じでした。

「臨時住宿登記単」の取得の流れ

上海の臨時住宿登記単
1.メールアドレスとパスワード登録
2.パスポートを選択
3.2種類の写真をアップ
4.住まい情報を入力
5.数日後にPDFで発行完了

各流れについて紹介

まずはメールアドレスとパスワードを登録。
スマホでメールアドレスを入力するのは、間違いやすく面倒なので事前にメアドをコピペしておくのがオススメです。

メアドを登録しますがメールが送られてくるのではなく、登録管理上のユニーク情報として利用するのが目的のようです。

登録が完了してログインすると入力画面に進みます。登録情報は「护照(hù zhào)パスポート」を選択。

パスポートを選択すると写真の登録が必要となります。必要となる写真は2種類、一つはパスポートの本人写真が載っているページの写真。もう一つは、パスポートの本人写真を持った状態で実際の本人を撮影。

2つ目の写真。一人で撮影するのは自撮り棒がないと非常に困難。もしくはスタッフや友人などに撮影を依頼しましょう。

ちなみに登録ページを開いた状態で撮影を行うか、事前に写真を撮影してアップデートも可能です。※最初は事前に撮影が出来ずに大変でした。。。

次は住まいの情報。部屋番号まで必要です。

そして上海へ入居した日と離れる日の入力。私の場合、入居日は入国日、離れる日はビザが切れる日を入力しておきました。

そして連絡先の入力。連絡先にも連絡がある訳ではないようです。特殊な事情があれば連絡もあり得ると思いますが。

基本的な登録はこれだけです。「历史记录(lì shǐ jì lù)」をタップすると処理の進捗状況が確認できます。数日後にこの画面に完了のアイコンができるのでタップするとPDFで「臨時住宿登記単」が獲得できます。

なおこの流れは上海に限った話。他の省でも同様の処理があると思いますが、QRコードの情報や申請入力の項目は上海の場合なので、ご注意を。

まだまだ厳戒態勢の「上海市公安局出入境管理局」の様子

上海の街が通常営業に近いとはいえ、浦東にある「上海市公安局出入境管理局(Shàng hǎi Shì gōng ān jú chū rù jìng guǎn lǐ jú)」は、まだしっかりとした体制を取っていて入場するまでに2つの関門が待ち構えていました。

第一の関門

入場ゲートの外で一次検査。
保安スタッフが「随申吗」を確認。
皮膚にタッチせずに測れる体温計で検温。
「本名、電話番号、目的」を記入し入場ゲートを通過。

ゲート通過を許されると決まった通路を歩くように促されます。

第二の関門

促された通路を進んで館内入場。
入場時にサーモグラフィーにて検温。
その次に手荷物チェック。
本人通過の金属探知。
消毒液で両手の消毒を促され、消毒して入場完了。
※消毒液が無かったので、交換するようスタッフに指示しておきました(笑)

今回は既に申請資料の審査も終了してパスポートの受け取りだけ。ビザ申請は3階、パスポート受け取りは1階です。

前回の申請時の3階の様子。何時も申請の外国人で賑わっているのですが、数名の外国人しかいませんでした。帰国者が多いんでしょうねぇ。

ちなみに去年は写真間違いが発生。

今年は本来パスポート情報を読み取るとA4の申請資料に一部情報が印刷されて出力するのですが、何故か一切情報が出力されず。

「去年と変わったのかな?」と思って全て手書きをして提出すると、出力されるはずの項目が出力されていないと指摘を受けて再度A4申請資料を出力。俺が悪いんじゃないのに。。。再チャレンジでは無事に記入された情報が出力。

毎年何だかんだでトラブルがある申請です。※記事ネタになっていいんですけどね。

そして1階のビザ受け取り所。何時も営業している飲食ブースが営業中止。そもそも人が閑散としてますんで、営業してもしょうがない。
上海市公安局出入境管理局

昨年は確か現金のみだった覚えがあるのですが、今年から電子マネーも対応開始。どんどん便利になっています。
上海市公安局出入境管理局も電子マネー対応

なお受け取ったビザですが、今回から新しいフォーマットに変更となっていました。

地味でグレーで暗めだった色がブルーの色味とフォログラム入りに。そして本人の写真付きと大きく変化。ビザの期間は1年間と今まで通りでしたが、少しずつ変化があるビザ更新です。