アメリカはオジサン。中国はオバサンです。

上海から2時間、浙江省の杭州という街があります。
マルコポーロも訪れ「東洋のベネチア」と東方見聞録で紹介された街。

そんな杭州の郊外に訪問したのですが、
昼ごはんが取れる店舗を探していると、こんな店舗を見つけました。

赤い背景に白い文字で「百吉拉(bǎi jí là)」と書かれ、
パーマのマダムが店舗ロゴになっています。

店舗で取り扱っている品は、日本式とんこつラーメンの他、
ハンバーガーセット、ご飯物、店舗の売りとなっている、
フライドチキンが主な主力ラインナップ。

この「百吉拉」調べてみると、
江蘇省の無錫と呼ばれる街で2003年に創立。
正式名称は「无锡市百基拉餐饮管理有限公司」
江蘇省を中心に上海、浙江省、河南、広州で運営しているチェーン店。

会社の理念は「健康と美味しさ」の飲食文化。
顧客に安全で手軽な最も美味しいフライドチキンを提供する事、なのだとか。

店舗の作り、看板の赤と白のコントラスト、人物を使ったロゴ、主力のフライドチキン。
初めて見た気がしないこの感覚、一体何故でしょう。。。。

もうお分かりかと思いますが、アメリカ企業のカーネルおじさん似!!
アメリカではおじ様がロゴですが、中国ではおば様がロゴとなっています。
ちなみにこのマダム「プリシアおばさん」と言う名前。

中国で見かけたら、話のネタに訪れてはどうでしょうか?

今日の振り返り!中国語音源

餐饮 (cān yǐn) 飲食

炸鸡 (zhá jī) フライドチキン

スポンサーリンク