やはり日頃の味が最高の味と思います。羊肉バンザイ!

「遊びにおいで」と声をかけてくれた友人に会いに、週末北京を訪問。
彼は元々同僚で現在は北京を中心に自営業をしている中国人。

今回時間が取れたので、急きょ北京を訪れたのですが、
折角来てくれたのだからと、初夜は日式焼肉、二日目の夜はタイ料理と、
現地らしさが感じられない食事処に案内されたのですが、これには理由が。

初日と二日目の夕食には友人の仕事のパートーナーの中国人も同席。
同席した中国人からすれば私はパートーナーの友人でお客様。
折角なので地元色の強い店より、高級な店をチョイスしてくれたのです。

またパートーナーの中国人は私が「地元民が愛する食べ物が口に合わない」
と思い込んでいたのが原因。

北京の日本式焼肉と欧米人も集うタイ料理店に潜入し満喫。
上海との違いを感じられ嬉しいのですが何となく消化不良な感じ。

二日目の昼間に友人が「汚いけど大丈夫?」と何度も確認して、
連れて行ってくれたレストランがコチラ。
「五头牛羊汤坊」と呼ばれる牛と羊料理の専門店。
P3041084

店内は4人掛けのテーブルが9つ程度と小じんまりとして、
テーブルの上には骨付き羊肉と蹄の煮込みがチラリと足を並べて、
私達を出迎えてくれました。
P3041080

年季の入った写真付きのメニュー表には、牛肉と羊を中心としたメニューが並び、
肉以外にも腸、筋、骨髄、脳みそ等の内臓系メニューも豊富。
P3041070

P3041072

友人のチョイスで二日酔いのお昼に合うランチを注文。
その注文がこの「羊肉汤(yáng ròu tāng)羊肉スープ」と「烧卖(shāo mài)焼売」

「羊肉スープ(18元)」には、白濁スープにネギとパクチーが浮かび、
少し太めの春雨と薄くスライスされた羊肉がコレでもか!とスープに浮かびます。
基本的に薄味なので、テーブルにある塩、胡椒、味の素をお好みでパパパッ。
P3041076

私は塩パパパッ、胡椒ドドドッでスープに混ぜて食べたのですが、
野性味あふれるような臭みが一切なく、熱々のスープは二日酔いの胃袋に染み渡り、
一気にアルコールの毒素が抜ける感じです。

続いて「焼売」
上海で「焼売」と言うと「もち米」と「ひき肉」を混ぜて作った品なのですが、
こちらは牛肉を使った「烧卖」以前、「瀋陽」で食した「烧卖」も牛肉仕様と同じでした。
P3041077

P3041078

「こんな料理で平気?」と心配そうに思った友人ですが、
「私はこれを待っていたのです!」の感想を残せた店舗となりました。

聞くと昼以外にも仕事帰りにパートーナーを誘ってこの店舗で一杯やるのだとか。
日頃から通う店、やはり名店が眠っているようです。

名店データ
店舗名:五头牛羊汤坊八角店
住所:北京市石景山区鲁谷街道鲁谷南路22-1号东南(近韩景台)
地図はコチラから

今日の振り返り!中国語音声

羊肉汤 (yáng ròu tāng) 羊肉スープ

烧卖 (shāo mài) 焼売

スポンサーリンク