*

北京発!中国東北地方ならではの味。羊肉スープ【羊肉汤】

羊肉汤 (yáng ròu tāng) 羊肉スープ

やはり日頃の味が最高の味と思います。羊肉バンザイ!

「遊びにおいで」と声をかけてくれた友人に会いに、週末北京を訪問。
彼は元々同僚で現在は北京を中心に自営業をしている中国人。

今回時間が取れたので、急きょ北京を訪れたのですが、
折角来てくれたのだからと、初夜は日式焼肉、二日目の夜はタイ料理と、
現地らしさが感じられない食事処に案内されたのですが、これには理由が。

初日と二日目の夕食には友人の仕事のパートーナーの中国人も同席。
同席した中国人からすれば私はパートーナーの友人でお客様。
折角なので地元色の強い店より、高級な店をチョイスしてくれたのです。

またパートーナーの中国人は私が「地元民が愛する食べ物が口に合わない」
と思い込んでいたのが原因。

北京の日本式焼肉と欧米人も集うタイ料理店に潜入し満喫。
上海との違いを感じられ嬉しいのですが何となく消化不良な感じ。

二日目の昼間に友人が「汚いけど大丈夫?」と何度も確認して、
連れて行ってくれたレストランがコチラ。
「五头牛羊汤坊」と呼ばれる牛と羊料理の専門店。
P3041084

店内は4人掛けのテーブルが9つ程度と小じんまりとして、
テーブルの上には骨付き羊肉と蹄の煮込みがチラリと足を並べて、
私達を出迎えてくれました。
P3041080

年季の入った写真付きのメニュー表には、牛肉と羊を中心としたメニューが並び、
肉以外にも腸、筋、骨髄、脳みそ等の内臓系メニューも豊富。
P3041070

P3041072

友人のチョイスで二日酔いのお昼に合うランチを注文。
その注文がこの「羊肉汤(yáng ròu tāng)羊肉スープ」と「烧卖(shāo mài)焼売」

「羊肉スープ(18元)」には、白濁スープにネギとパクチーが浮かび、
少し太めの春雨と薄くスライスされた羊肉がコレでもか!とスープに浮かびます。
基本的に薄味なので、テーブルにある塩、胡椒、味の素をお好みでパパパッ。
P3041076

私は塩パパパッ、胡椒ドドドッでスープに混ぜて食べたのですが、
野性味あふれるような臭みが一切なく、熱々のスープは二日酔いの胃袋に染み渡り、
一気にアルコールの毒素が抜ける感じです。

続いて「焼売」
上海で「焼売」と言うと「もち米」と「ひき肉」を混ぜて作った品なのですが、
こちらは牛肉を使った「烧卖」以前、「瀋陽」で食した「烧卖」も牛肉仕様と同じでした。
P3041077

P3041078

「こんな料理で平気?」と心配そうに思った友人ですが、
「私はこれを待っていたのです!」の感想を残せた店舗となりました。

聞くと昼以外にも仕事帰りにパートーナーを誘ってこの店舗で一杯やるのだとか。
日頃から通う店、やはり名店が眠っているようです。

名店データ
店舗名:五头牛羊汤坊八角店
住所:北京市石景山区鲁谷街道鲁谷南路22-1号东南(近韩景台)
地図はコチラから

今日の振り返り!中国語音声

羊肉汤 (yáng ròu tāng) 羊肉スープ

烧卖 (shāo mài) 焼売

広告A

広告B

広告C

FACEBOOKページにご参加ください

活きた中国語を覚えよう。1160日登録率No.1中国語メルマガ。

ウェイシン(wechat)の使い方設定マニュアル入門編
特選!読んで納得の中国書籍のご紹介

この280ページの一冊の書籍を読み終えた時、
今までテレビやニュース、新聞で取り上げられた、
中国の出来事の背景の基礎的なポイントを抑えられます。

CDに例えると、有名歌手のベストアルバム!的な感じ。
ここ抑えておくと、取り敢えずはいいよね。
みんなの話にも着いてけるし、今の時流がわかるし、な書籍。

第一章から第五章の構成で、
各章別にQ&A方式で中国の素朴な疑問や、
今更聞けない質問、誰に聞いていいのか分からない質問などを、
カナリ冷静に偏りなく、疑問に対しての回答を述べています。

中国のモヤモヤして分からない事について、
ズバッと著者が回答。

第一章は、日中関係の論点 質疑10つ
第二章は、中国政治の論点 質疑19つ
第三章は、中国経済の論点 質疑15つ
第四章は、歴史問題の論点 質疑5つ
第五章は、中国文化の論点 質疑4つ
の5つの構成で、質疑数は全53つ。

第一章、日中関係の論点では、
「中国人はなぜそんなに日本人のことが嫌いなのでしょうか」と、
カコーンとよくある、核心の質問から始まり、
「日本と中国にも仲が良かった時期があったのは本当でしょうか」
と、蜜月時代の事を紹介し、
「沖縄は中国のものだ、と主張する人がいるそうですが本当でしょうか」
と、聞き覚えの無い方も多い質問にもメスを入れています。

第二章から第五章の間でも、中々面白い質疑が盛りだくさん。
「中国の国家主席にも親日的な人と反日的な人がいるのでしょうか」
「中国は最終的にどこまでを中国領としたいのでしょうか」
「中国を好きな国ってあるのでしょうか」
「中国産食品の汚染などが問題になりますが、当の中国人は平気で食べているのでしょうか」
「チャイナマフィアは今も健在なのでしょうか」
「パクリ文化がひどいようですが、治る見込みはないのでしょうか」
「三国志の中国と同じと思えないのですが、古き良き伝統のようなものはないのでしょうか」
「中国人は幸せなのでしょうか」
「日本語を学ぶ中国人も多いそうですが、それはなぜでしょうか」

など、テレビのコメンテーターとしても、
よく拝見する機会が多い著者が、中国の取材力を活かして書き上げた一冊。
ちなみに、著者は過去に「小学館ノンフィクション大賞優秀賞」も受賞経験あり。

中国に関わりのあるビジネスマンや、
これから赴任予定で中国の歴史や今の中国の右も左も分からない。
さて、どこから勉強すればいいんだろう。とお困りの方には、
まず手始めに読むには最適な書籍。

まずは書籍内容を基礎情報として抑えて、
次の自分が感じ取った事と、この書籍の内容の差が生まれるかを、
実際に経験していく中で検証していけば、
全くのゼロの状態で未知なる中国と探り探り付き合うよりは、
何十倍も中国事情の羅針盤となる一冊です。

広告A

広告B

広告C

関連記事

中国語発音ルール。連続する三声の発音は二声に変化

中国語の独特な声調のルールです。 確かにこのルールが無かったら、...

記事を読む

聞いてくれてありがとう。日本男性美声歌手。徳永英明【徳永英明】

アニメもですが音楽も国境を越えるのです。 タクシーが少ない時には...

記事を読む

男の背中が物語る。意味不明な日本仕様の洋服。洋服【衣服】

「スーパードライ」と同じ感覚なのかも知れません。 彼とはもう出会えな...

記事を読む

意外な落とし穴。中国印刷屋での注意事項。フォント【字体】

日本には「キンコーズ」と言う印刷に便利なチェーン店舗がありますが、 ...

記事を読む

oishiローカルメーカーのお菓子。マシュマロ【棉花糖】

幼い時に食べていたあのお菓子を見かけてホッコリしてしまいました。 ...

記事を読む

新着記事

中国語発音ルール。連続する三声の発音は二声に変化

中国語の独特な声調のルールです。 確かにこのルールが無かったら、...

記事を読む

聞いてくれてありがとう。日本男性美声歌手。徳永英明【徳永英明】

アニメもですが音楽も国境を越えるのです。 タクシーが少ない時には...

記事を読む

男の背中が物語る。意味不明な日本仕様の洋服。洋服【衣服】

「スーパードライ」と同じ感覚なのかも知れません。 彼とはもう出会えな...

記事を読む

意外な落とし穴。中国印刷屋での注意事項。フォント【字体】

日本には「キンコーズ」と言う印刷に便利なチェーン店舗がありますが、 ...

記事を読む

oishiローカルメーカーのお菓子。マシュマロ【棉花糖】

幼い時に食べていたあのお菓子を見かけてホッコリしてしまいました。 ...

記事を読む

コメントを残す

広告A

広告B

広告C

wechat決済マニュアル
ウェイシン(wechat)使い方設定マニュアル
ゼロから始める中国語発音講座
中国語カラオケ特集
中国語を映画で学ぶ 人気中国映画を紹介
上海のローカルフード小籠包の隠れた名店を紹介
路地裏ウォッチャー
中国語発音ルール。連続する三声の発音は二声に変化

中国語の独特な声調のルールです。 確かにこのルールが無かったら、...

聞いてくれてありがとう。日本男性美声歌手。徳永英明【徳永英明】

アニメもですが音楽も国境を越えるのです。 タクシーが少ない時には...

男の背中が物語る。意味不明な日本仕様の洋服。洋服【衣服】

「スーパードライ」と同じ感覚なのかも知れません。 彼とはもう出会えな...

意外な落とし穴。中国印刷屋での注意事項。フォント【字体】

日本には「キンコーズ」と言う印刷に便利なチェーン店舗がありますが、 ...

oishiローカルメーカーのお菓子。マシュマロ【棉花糖】

幼い時に食べていたあのお菓子を見かけてホッコリしてしまいました。 ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑