*

福を呼ぶ門に張られた縁起の良い札。対聯【春联】

春联 (chūn lián) 対聯

着々と春節の準備が進む中国の街。歩く人の数が減っているのが一目瞭然。
地下鉄で通勤する中国人も日を追うことにまばらになっています。
すでに休暇に入って帰郷や海外旅行にでかけているようです。

近所で見かけた文房具店でも春節準備が始まっていました。
入り口のガラスの門を見てみると、中国でお馴染みの「福」の文字がペタリッ。
それも欲張り三枚も貼られていました。
P2012936

P2012937

この福の文字「春联(chūn lián)」と呼ばれる品。
本来は対に貼られた手書きの福の文字のように、二枚でワンセットが基本。
よく福の文字を逆さにして貼って「到福」として、福がやってくるように。
と貼るというのが有名ですが、このように逆さにせずに貼ることもあります。

赤の紙が貼られていますが、赤い色は魔除けを表す色。
下着が赤い色だったりするのも、体に悪ことが近づかないようにと、
迷信が信じられている影響があるためです。

北京旅行に行った際に河北省の方の山奥へ尋ねた際に見かけた春联。
先ほどの福の文字とは違い、長めの紙に縁起の良い文字が並びます。
P6220143

少々ボロボロになって年季を感じますが、縁起が良い文字を貼り、
ドアの部分に少し見えますか「财富之神(cái fù zhī shén)」とよばれる、
財産の神様の張り紙などを一緒に貼り、
一家に福を招き縁起の良い一年を過ごせるように準備をするのです。

今日の無料!振り返り中国語音源

春联 (chūn lián) 対聯

避邪 (bì xié) 魔除け

広告A

広告B

広告C

FACEBOOKページにご参加ください

活きた中国語を覚えよう。1160日登録率No.1中国語メルマガ。

ウェイシン(wechat)の使い方設定マニュアル入門編
特選!読んで納得の中国書籍のご紹介

広告A

広告B

広告C

関連記事

意外な落とし穴。中国印刷屋での注意事項。フォント【字体】

日本には「キンコーズ」と言う印刷に便利なチェーン店舗がありますが、 ...

記事を読む

上海の大江戸温泉物語の変な単語チョイス。かわいい【卡哇伊】

この表現方法の時点で怪しさ満開です。 昨年上海にオープンして話題...

記事を読む

中国でも大人気放送中。キャラ一覧ドラゴンボール【龙珠】

日本のアニメは国境も文化も越えるのですね。 平和な世界作りにアニメは...

記事を読む

事故遭遇。中国で呼び出すと有料だった。救急車【救护车】

無料対応は日本くらいなものでしょうか。 日本も有料対応でもいいのでは...

記事を読む

孫文も愛した。レトロモダンな佇まい。総統府【总统府】

当時のノスタルジックな雰囲気が伝わってくるスポットでした。 「夫子庙...

記事を読む

新着記事

中国語発音ルール。連続する三声の発音は二声に変化

中国語の独特な声調のルールです。 確かにこのルールが無かったら、...

記事を読む

聞いてくれてありがとう。日本男性美声歌手。徳永英明【徳永英明】

アニメもですが音楽も国境を越えるのです。 タクシーが少ない時には...

記事を読む

男の背中が物語る。意味不明な日本仕様の洋服。洋服【衣服】

「スーパードライ」と同じ感覚なのかも知れません。 彼とはもう出会えな...

記事を読む

意外な落とし穴。中国印刷屋での注意事項。フォント【字体】

日本には「キンコーズ」と言う印刷に便利なチェーン店舗がありますが、 ...

記事を読む

oishiローカルメーカーのお菓子。マシュマロ【棉花糖】

幼い時に食べていたあのお菓子を見かけてホッコリしてしまいました。 ...

記事を読む

コメントを残す

広告A

広告B

広告C

wechat決済マニュアル
ウェイシン(wechat)使い方設定マニュアル
ゼロから始める中国語発音講座
中国語カラオケ特集
中国語を映画で学ぶ 人気中国映画を紹介
上海のローカルフード小籠包の隠れた名店を紹介
路地裏ウォッチャー
中国語発音ルール。連続する三声の発音は二声に変化

中国語の独特な声調のルールです。 確かにこのルールが無かったら、...

聞いてくれてありがとう。日本男性美声歌手。徳永英明【徳永英明】

アニメもですが音楽も国境を越えるのです。 タクシーが少ない時には...

男の背中が物語る。意味不明な日本仕様の洋服。洋服【衣服】

「スーパードライ」と同じ感覚なのかも知れません。 彼とはもう出会えな...

意外な落とし穴。中国印刷屋での注意事項。フォント【字体】

日本には「キンコーズ」と言う印刷に便利なチェーン店舗がありますが、 ...

oishiローカルメーカーのお菓子。マシュマロ【棉花糖】

幼い時に食べていたあのお菓子を見かけてホッコリしてしまいました。 ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑