*

キュートな彼女に中国も人気爆発。ミランダ・カー【米兰达·可儿】

米兰达·可儿 (Mǐ lán dá kěr) ミランダ・カー

日本で人気の外国人モデルと言えば、
ミランダ・カーではないでしょうか?

積極的に日本のCMに出演、とんかつ等を食べて黒!って叫んだり、
つい先日も訪中していたりと、旬でキュートなモデルさんですよね。

笑顔もステキですし日本人受けする顔つきなんだろう、
と思うのですが、実は中国人もお好きなモデルのようです。
P7301705

P7301706

中国地下鉄の液晶広告。
硅油配合
guī yóu pèi hé
シリコンオイル配合

头屑烦恼不再
tóu xiè fán nǎo bú zài
ふけの悩みとオサラバ

コンディショナーの広告でコチラを見ている、
ミランダ・カー。

ミランダさんの広告にも使われていますが、
中国のシャンプー、コンディショナー系のCMではお馴染みコピー、
フケが防げる!という言葉が多く含まれています。

シャンプー回数が少ないのか、硬水がお肌と合わないのか、
このフケ予防は中国では一つのキーとなっています。

タクシーに付けられているコマーシャル用液晶画面。
これでも同様にミランダさんが髪をなびかせていました。
PA027741

PA027743

他にもスワロフスキー社のイメージキャラクターとして、
日本と同じく各店舗に彼女のキリッとした表情を見ることができ、
中国でも人気の高い外国人モデルとなっています。

今日の無料!振り返り中国語音源

米兰达·可儿 (Mǐ lán dá kěr) ミランダ・カー

模特 (mó tè) モデル

広告A

広告B

広告C

FACEBOOKページにご参加ください

活きた中国語を覚えよう。1160日登録率No.1中国語メルマガ。

ウェイシン(wechat)の使い方設定マニュアル入門編
特選!読んで納得の中国書籍のご紹介

広告A

広告B

広告C

関連記事

新説?紹興料理に納豆文化が根付いているのか。カビ/発酵【霉】

紹興にも、納豆の文化が有るかも知れません。 以前紹介した「绍兴名...

記事を読む

国父の愛称は実は日本由来だった。孫文【孙中山】

中国にはこんな道路や地名、名称の場所があるのをご存知でしょうか? 「...

記事を読む

中国語発音ルール。連続する三声の発音は二声に変化

中国語の独特な声調のルールです。 確かにこのルールが無かったら、...

記事を読む

聞いてくれてありがとう。日本男性美声歌手。徳永英明【徳永英明】

アニメもですが音楽も国境を越えるのです。 タクシーが少ない時には...

記事を読む

男の背中が物語る。意味不明な日本仕様の洋服。洋服【衣服】

「スーパードライ」と同じ感覚なのかも知れません。 彼とはもう出会えな...

記事を読む

新着記事

新説?紹興料理に納豆文化が根付いているのか。カビ/発酵【霉】

紹興にも、納豆の文化が有るかも知れません。 以前紹介した「绍兴名...

記事を読む

国父の愛称は実は日本由来だった。孫文【孙中山】

中国にはこんな道路や地名、名称の場所があるのをご存知でしょうか? 「...

記事を読む

中国語発音ルール。連続する三声の発音は二声に変化

中国語の独特な声調のルールです。 確かにこのルールが無かったら、...

記事を読む

聞いてくれてありがとう。日本男性美声歌手。徳永英明【徳永英明】

アニメもですが音楽も国境を越えるのです。 タクシーが少ない時には...

記事を読む

男の背中が物語る。意味不明な日本仕様の洋服。洋服【衣服】

「スーパードライ」と同じ感覚なのかも知れません。 彼とはもう出会えな...

記事を読む

コメントを残す

広告A

広告B

広告C

wechat決済マニュアル
ウェイシン(wechat)使い方設定マニュアル
ゼロから始める中国語発音講座
中国語カラオケ特集
中国語を映画で学ぶ 人気中国映画を紹介
上海のローカルフード小籠包の隠れた名店を紹介
路地裏ウォッチャー
新説?紹興料理に納豆文化が根付いているのか。カビ/発酵【霉】

紹興にも、納豆の文化が有るかも知れません。 以前紹介した「绍兴名...

国父の愛称は実は日本由来だった。孫文【孙中山】

中国にはこんな道路や地名、名称の場所があるのをご存知でしょうか? 「...

中国語発音ルール。連続する三声の発音は二声に変化

中国語の独特な声調のルールです。 確かにこのルールが無かったら、...

聞いてくれてありがとう。日本男性美声歌手。徳永英明【徳永英明】

アニメもですが音楽も国境を越えるのです。 タクシーが少ない時には...

男の背中が物語る。意味不明な日本仕様の洋服。洋服【衣服】

「スーパードライ」と同じ感覚なのかも知れません。 彼とはもう出会えな...

→もっと見る

PAGE TOP ↑