慣れって怖いものです。新鮮さが失われ、
当たり前のモノとして自分に飛び込んできます。

初めて見た時は、スゲーなー中国。な感じだったんですが、
驚きが徐々に薄くなり、「おっ!今日も中々積み込んでるね。ご苦労!」
程度にしか、感じなくなっているこのトラック。
457_P5236007

トラックに乗っているモノ、色とりどりのカラフルな容器の数。
袋の中も同様にプラスチックの容器、ガラスなどが梱包。
457_P5236009

457_P5236010

この写真のように袋の外に付けられている容器は、
持ち口があるのでその部分に紐をブラリんと連結して、
袋の外側にまるでデコレーションのように付けています。

重量自体はオーバーしていないと思いますが、
体積自体はオーバー気味。それでも気にせずセッセと積込み、
トラックは今日もプラスチックを運び続けます。

日本ではプラスチックはリサイクルされるとはいえ、
各地方自治体の指示のもと、家庭からはゴミ扱いされ分類を受けて、
所定の場所に”捨てられる”というのが当たり前。

中国ではこのプラスチックは宝の山、
捨てるどころか回収屋が家に取りに来て、お金を置いていくほど。

日本でも昔廃品回収業者がトイレットペッパーと交換してくれた、
そんな時代がありましたが、まだまだ中国では同じような状況。
一軒一軒回収して集めた品をまたリサイクル業者に転売しても、
商売として成り立っているのでした。

中国ではプラスチックを「塑料(sù liào)」と一般的に呼び、
ペットボトルを「塑料瓶(sù liào píng)」と呼びます。

日本だとペット、ビニールなどそれぞれ素材別に名称が分かれていますが、
「塑料(sù liào)」は化合物をひとまとめにした総称と思って下さい。

当然中国でも素材別に正式名称はあるのですが、
生活面で「塑料(sù liào)」を使えば「プラスチック的な素材」を全て指します。

今日の振り返り中国語音源

塑料 (sù liào) プラスチック

塑料瓶 (sù liào píng) ペットボトル

スポンサーリンク