上海のタクシーは初乗り14元(280円)と日本に比べて、
利用がし易い価格帯なのでちょくちょく使っているのですが、
上海のタクシーに乗って最初に驚いたことが3つありました。

その一つ目が乗車時にドアが自動で開かない。
これは日本以外の都市でも体験できるお馴染みの事なのですが、
日本のタクシーは運転席にレバーがあって後ろのドアを開閉を操作。
荷物が多い時、雨で傘をさしている時に便利ですよね。

2つ目、乗車客が決まって助手席に座る人が多い事。
最初は意味が分からなかったのですが、
運転手へ指示を出す時に楽だ。

両替時に運転手が不正を働く可能性があるので、
後ろよりも横に居た方が不正防止を直に確認しやすい。
など、お国柄が反映されていたのを知りました。

そして3つ目が、運転手席に設けられた透明カバー。
撮影したカバーは傷やよごれで透明ではなくなっていますが、
運転手を守る大切なアイテム。
P8041761

この透明カバー中国語では「透明防护栏(tòu míng fáng hù lán)」
日本語に直すと「透明保護柵」

ネットで調べると5つより購入可能、一つ辺り230元程度。
お値段もクリアーな表示となっていました。

実は運転手も助手席に客が乗ると安心なのですが、
後部座席に座られると何となくソワソワ。
このカバーがあれば安心して運転に集中できるのです。

日本でも今は運転手の後部に似たようなカバーを取り付けられていますが、
ここまでグルリと運転手を取り囲んだカバーは始めて見た時は、
上海、日本以上に安全意識が高いと感じたのを覚えています。

上海では9年位前に一度このカバーが撤廃という動きもあったのですが、
撤廃になった瞬間に運転手を狙った金銭泥棒と、
傷害を受けた運転手が発生して、直ぐ様カバーは復活となりました。

ただこのカバー広東省の深セン地区に行けば取り付けられていませんし、
上海でもあずき色と赤い色でお馴染みの個人タクシーになると同じく未設置。

上海を離れ江蘇省無錫などではカバーではなく完全に柵が設置。
運転手、動物園の動物状態。
餌を与えてはいけません。運転手なので料金を与えると喜びます。
P7297006

地方になればなるほど、この鉄柵が取り付けられています。
こんな場所でも中国と海外、中国国内でも事情が違うのが分かって楽しいですね。

今日の振り返り中国語

透明 (tòu míng) 透明

司机 (sī jī) 運転手

出租车 (chū zū chē) タクシー

スポンサーリンク