*

「風習」 一覧

お釈迦様を祝って旧暦12月8日は粥を食べる。臘八記念日【腊八节】

中国では旧正月の12月8日(初八)は「腊八节(là bā jié)」と呼ばれ岳飛と呼ばれる軍事家が12月8日に農家から贈られた粥を食して大勝を収め岳飛の死後記念のために食べ始めた。お釈迦様が菩提樹の樹の下で仏教の悟りを開いた日が12月8日。毎年それを祝ってお粥を食べ始めた等など諸説がある「腊八节(là bā jié)」

続きを見る

中国婚礼時の風習。新郎が新婦を迎えに自宅へ。婚礼時の出迎え【接亲】

週末の昼下がりの出来事。自宅でノンビリ朝寝坊で起きだしたのですが、外でバリバリバリと爆竹の音。新店舗オープンにしても、爆竹音が余りにも近い。店舗オープンでは無さそうな予感。自宅を飛び出してみると隣人のおば様も、窓から下を覗きこんでいました。話を聞くと「接亲(jiē qīn)!接亲(jiē qīn)!」との事。

続きを見る

心を繋ぐ。結婚風習に必須の食べ物。ハス【莲】

スタッフに連行いや、同行して杭州に来ています。杭州には先月の全国行脚の最終日に9時間移動をして以来の訪問。杭州から上海までは車移動で軽く三時間は掛かってしまうので、杭州入りすると、まずは顧客訪問の前に昼食。ちょっとした小旅行に近いですね。スタッフも慣れているので、各場所場所に行きつけのレストランを見つけています。

続きを見る

中国の清明節。中国人の風習では何するの?墓参り【扫墓】

清明節は中国人に取って大切な休暇。お墓参りをして祖先の供養を行います。例年この時期は民族大移動のシーズンと化し何時に出発するかを念入りに時間調整。基本明け方から出発。皆が近郊へ墓参りを行うため、例年高速道路が大渋滞。大渋滞を避けるためにも、明け方に起きだして、ゾロゾロと移動。上海の場合だと800万人が移動

続きを見る

春節にナゼ爆竹を鳴らすの?爆竹【鞭炮】

汉堡王(Hànbǎowáng)バーガーキングで、新製品を発見。春巻きの皮で包んだエビフライ。商品としては至って目新しさは無いですが、バックのエビフライを連ねた品が、中国を意識している広告。この連ねた品の正体は中国の爆竹。日本の爆竹は箱に入って一つ一つの爆竹自体が、非常に小さい作りですが、本家中国は一つ一つが非常に大きく

続きを見る

広告A

広告B

広告C

広告A

広告B

広告C

wechat決済マニュアル
ウェイシン(wechat)使い方設定マニュアル
ゼロから始める中国語発音講座
中国語カラオケ特集
中国語を映画で学ぶ 人気中国映画を紹介
上海のローカルフード小籠包の隠れた名店を紹介
路地裏ウォッチャー
沖縄の方言と中国語の共通点を探ってみた。沖縄【冲绳】

やはり大陸の文化が渡ってきている証拠なのかも知れません。 日...

ローカル中華定番のお一人様メニュー。ぶっかけ飯【盖浇饭】

留学時代はよくお世話になっていたセットメニューです。 中国のローカル...

使い捨てコップで届けられた暑気払い品。緑豆スープ【绿豆汤】

上海、暑さが止まらない日に一服の清涼感です。 先週39.7度を記...

正にコバンザメ的発想の広告展開術。広告主【广告主】

日本では考えられない発想です。正にサバイバル広告術! 中国で流行...

中国でも徐々に浸透始めたごみ分類。ごみ箱【垃圾箱】

中国でも徐々に意識改革が始まっているのです。 虹橋にある列車の駅...

→もっと見る

PAGE TOP ↑