*

「サントリー」 一覧

サントリーが販売開始。高級ウーロン茶の代名詞。大紅袍【大红袍】

「大红袍」というのは、ウーロン茶の一大生産地である、福建省の武夷山で生産されている高級ブランド茶葉の一つ。香りが高く、渋みも少なめなのが特徴なのですが、そんな「大红袍」を使った商品を投入したのでした。一般的な500ミリペットボトルではなく350ミリ。値段も3元4元程度で販売される一般品よりも6元程度とお高め。

続きを見る

サントリーの上海市場向け新ビール!新登場【新上市】

先日フランス系スーパーのカルフールで見かけたのですが街のコンビニでも登場したニューフェイス。「PREMIUM BREW」と呼ばれる深い青を全面に使ったビール。先行発売として日系などの飲食店で提供されていたのですが、香りが芳醇。プレミアムモルツと同じホップが使われているようです。値段は12.8元。カルフール価格は9.8元

続きを見る

現地に深く入り込む。日系企業と知らない中国人も。サントリー【三得利】

上海で中国に馴染みこんでいる日系企業というと、まず思いつくのはサントリー。消費者に目につくので印象があるのと、05年に来た時点で飲料関係が既にラインナップが多かった為。意外と思うかも知れませんが、当時の上海のビール勢力はサントリー、地元メーカの力波、日本人にも同じみ青島が三巨頭。地元メーカーの光明というもの。

続きを見る

中国で売りまくれ!販売促進/贈り物・プレゼント【促销/赠品】

続きを見る

広告A

広告B

広告C

広告A

広告B

広告C

wechat決済マニュアル
ウェイシン(wechat)使い方設定マニュアル
ゼロから始める中国語発音講座
中国語カラオケ特集
中国語を映画で学ぶ 人気中国映画を紹介
上海のローカルフード小籠包の隠れた名店を紹介
路地裏ウォッチャー
初体験。深セン地下鉄の特別サービス。ビジネス車両【商务车厢】

リピートしたくなる快適さでした。 深センに宿泊して二日目。 ス...

オバサンの次は兄貴。深センで見かけたコワモテ男性。兄【哥】

マダムの次は兄貴です。 深センのお昼時。「食は広州にあり」という...

禁止広告で分かる。その土地の抱える問題点。麻薬【毒】

急きょ広東省の深圳に来ています。 雨の影響の遅延は上海と広東省の移動...

時代とともに移り変わる中国マナー事情。7つのダメ【七不】

時代とともに変わっていくのですね。 中国人マナーがなってない!と...

オープン間近。相手を敬う中国語フレーズ。乞うご期待【敬请期待】

やはり、再オープンのようです。 先日朝ごはん戦争の第一ラウンドで...

→もっと見る

PAGE TOP ↑