*

チベットへもお届け!子供に人気の学習用具。しまじろう【巧虎】

日本の企業ベネッセグループの「こどもちゃれんじ」で有名な「しまじろう」が上海の地下鉄の車両狭しとデコレーション。ドアのガラス戸、つり輪と「しまじろう」だらけ。これP&G製品「舒肤佳」のハンドソープやボディソープとのコラボ製品。大手メーカーとコラボする程なので、中国でも「しまじろう」の人気はバツグン。

続きを見る

パトカーも取締り対象。意外と平等な駐禁システム。報告【报告】

車に乗り込もうとした時!同行スタッフが停車していたパトカーをスマホで激写。理由を聞くと「駐禁されてますよ。このパトカー」との事。「そんなアホな。」と思ってパトカーに近寄ったのですが、助手席のガラスに黄色い紙が貼られています。よーく見ていると、「道路停车行为报告单」の文字が。日本的に言うと「駐禁キップ報告書」本当に駐禁

続きを見る

ホテルで発見。頑張れ!日本語表現。錦江の星【锦江之星】

「锦江之星」というビジネスホテル。上海に拠点を持つ錦江グループの一つで室内も小奇麗で泊まり心地も中々。ベッド横の机のカードに目を奪われました。「このカードなベッドの上においてください。」むむむっ「このカード「を」ベッドの上」に、と言いたかったのでしょう。外国人に取って、日本語の「な」や「を」形が近いので間違えて入力

続きを見る

果物それとも野菜?日本と違う扱いの食品。ミニトマト【小番茄】

私も中国で生活し始めた時には少し疑問な点でしたが、プチトマトは中国では八百屋でも販売されていますが、基本的に果物屋で販売。ただし普通サイズのトマトは八百屋のみ。果物屋で見かける事はありません。プチトマト、普通サイズのトマトより甘みが強く感じられますし、一口で食べられる点などから果物として取り扱われているようです

続きを見る

中国国内でも勢力拡大中。武漢で営業の日系小売業。イオン【永旺】

武漢訪問で驚いたことの一つに「イオンモール」が元気に営業をしていた事。武漢では二店舗、営業をしているそうで、(※17年度にもう一店舗、開業予定)客先訪問を終えて次の訪問までの時間調整で立ち寄ったイオンモールは平日にも関わらず、多くの中国人が店舗でワンサカ買い物を楽しんでいました。週末になるとカナリの人出が想像できます。

続きを見る

日本はピンク中国は黄。国で違うポルノな色。いやらしい【黄】

日本の場合「ピンク」を連想、中国の場合「黄」が「いやらしい」意味を関連。しかし中国で「黄」と言えば「黄帝」と言う伝説の帝王の名前から「黄色」は高貴な色。しかし全く反対とも言える「いやらしさ」を表現しているのは何故?調べてみると1894年イギリスで「イエローブック」という文芸誌が「デカダンス」を象徴する雑誌として発刊

続きを見る

宿泊ホテルで通された部屋を開けるとそこは。部屋番号【房间号】

中国的な表現方法ですが「8812」は8階の12号室の事。「88」となっていますが「88階」ではなく「8階」先頭の「8」は縁起の良い「8」を多く使って縁起担ぎ。9階の場合は「89」と表示されます。8階エレベーターを降りて早速、 本日の宿泊部屋「8812」へ行こうと部屋番号の案内を見てみると少し悩ましい表示がされていました

続きを見る

中国で唯一のある漢字を使った都市に潜入。親孝行【孝】

2017/05/31 | 中国語, , 文化 ,

「孝感(xiào gǎn)」省略すると「孝(xiào)」中国で唯一「孝」の文字を用いた市の都市。中国の親孝行の故郷。漢の時代に「董永」と言う貧しい人物が彼の父親が亡くなった際に葬儀代も無く資産家に自分を身売りして作った資金で葬儀を行った。「董永」は資産家に会いに行く際にエンジュの樹の場所で一人の女性(実は天女)と出会い

続きを見る

小銭を受け付けない。駅にある自動販売機の謎。投入口【投入口】

上海虹橋駅の自動販売機、小銭を入れた自動販売機、金額を一切認識せずに小銭を吸い取るではないですか!電子マネーと紙幣は利用可能。小銭は何枚入れても無反応。返却レバーを押しても返却されず。賽銭箱じゃあるまいし。今回もチョット試してみようと思って近づいたのですが、自動販売機の投入口に前回見逃していたい言葉が書かれていました

続きを見る

外国人には難しい意外と厳しい条件提示。養子/里親【领养】

2017/05/29 | 生活, 中国語 ,

近づいてみると立て看板が設置され、こんな言葉が並んでいました。「动物领养须知(dòng wù lǐng yǎng xū zhī) 動物里親の心得」動物の里親探しの集まりだったのです。人混みをかき分けて中心部分に向かってみるとワンコ達が、の~んびり横になってお昼寝中。お昼寝していないワンコは、人間に近寄ってきてご挨拶。

続きを見る

新説?紹興料理に納豆文化が根付いているのか。カビ/発酵【霉】

「霉毛豆(méi máo dòu)」と書かれた一品。「霉(méi)」とは「カビ」を指すのですが、ココで言う「霉」は「カビ」ではなく「発酵」がより近い表現。早速「霉毛豆蒸鲜豆腐」を注文。テーブルに置かれた品は名前の通り豆腐の上に大豆が乗った蒸し料理。「霉毛豆」の部分を食べるとカビ独特の香りはなく、しょっぱめ。

続きを見る

国父の愛称は実は日本由来だった。孫文【孙中山】

2017/05/25 | 中国語, , 文化 ,

中国大陸、台湾で「孫中山」と呼ばれる「孫文」何故「孫中山」と呼ばれるか?日本亡命時代に「中山」邸宅の表札の文字を気に入った事が由来。邸宅の主の中山氏は当時の貴族議員中山忠能氏の邸宅。「孫文」は「中山」名を気に入り自分の名前として使い始めたのだとか。国父として尊敬をする人物の名前が日本由来。中国人は知っているのでしょうか

続きを見る

中国語発音ルール。連続する三声の発音は二声に変化

2017/05/24 | 発音

中国語には独自の「声調」があるのは中国語を勉強すると始めに教わる点。「一声」「二声」「三声」「四声」。声調の「三声」は一旦音を下げて途中で音を上げるという少々厄介な音。簡単な表現でいうと「好(hǎo)良い」もしも「三声」が連続する「三声+三声」の声調の場合「二声+三声」へ声調が変化。「二声+三声」の方が発音がし易いです

続きを見る

聞いてくれてありがとう。日本男性美声歌手。徳永英明【徳永英明】

車内に目をやると聞こえてきた声の主が「徳永英明」アレれっ?と思って運転手に聞いてみると「そうだ徳永だ!えっ!お前日本人か?」と、一瞬で打ち解けることが出来ました。ありがとう!徳永英明。私が日本人と分かった事で気を良くして、車内は徳永メドレーが開始。運転手に聞いた德永押しの理由「メロディが良い、彼の声が良い」との事。

続きを見る

男の背中が物語る。意味不明な日本仕様の洋服。洋服【衣服】

2017/05/22 | 中国語, ,

前回ご紹介した「威海渔村」早目の時間に訪問して座席に座り、メニューに目をやり、さて注文!と思い目線を前に向けた瞬間。彼は私に新しい衝撃を与えてくれたのでした。このお客さんの名前は多分「高橋さん」です。私が「高橋さん」と確信した瞬間がコレ。背中にビシっと「高橋ストーンまだ」の文字。パラダイスな服をお召になっていました。

続きを見る

意外な落とし穴。中国印刷屋での注意事項。フォント【字体】

複写機を一台だけ置いて一枚0.5元からなんて商売をしていて、どうやって生計を立ているのかしら、、、とコチラが心配してしまう、店舗もまたにあるのですが、今回プライベートでカラー印刷が必要になり、近所にあった印刷屋を初訪問することに。お邪魔した店舗内は複数台のパソコンが並び、スタッフが言葉少なくイソイソと作業中。

続きを見る

oishiローカルメーカーのお菓子。マシュマロ【棉花糖】

2017/05/18 | 中国語, , 企業

「綿の花のような飴」なので「綿あめ」を思い浮かべてしまいますが実は「マシュマロ」それでは「綿あめ」の中国語は?実はコレも「棉花糖」「棉花糖」は「綿あめ」と「マシュマロ」を指す中国語パッケージの下に小さく記載がある「充气糖果(chōng qì táng uǒ)」この中国語は「ガス入り飴」と言う意味「マシュマロ」を指す場合

続きを見る

上海の大江戸温泉物語の変な単語チョイス。かわいい【卡哇伊】

上海にオープンして話題になった「大江戸温泉物語」日本側の許可を取っていると運営側の話もありましたが、本当のところは闇の中。偶然会食で訪れた中華レストラン店舗のテーブルの上に渦中の「大江戸温泉物語」の広告「卡哇伊」と「哦伊稀」という見慣れない中国語の表現が。ピンインで読むと「kǎ wā yī」と「ó yī xī」と言う音

続きを見る

スマホの機能で流行の兆しか。ダブルレンズ【双摄】

地下鉄に新しくそして目を引く広告が登場。タイプの異なる美女3名がスマホ片手にコチラをキラリ。そしてこんなキャッチコピーが。XIAOMI6 ズームWレンズ 被写体、更に美しく「摄」は元々「撮影」の意味、スマホの機能「双摄」の表現する場合は「ダブル撮影」より「ダブルレンズ」の方が機能の説明にしっくりくるかと思い訳をしました

続きを見る

浅草観光中の中国人と日本人の心温まる話。看護師【护士】

2017/05/15 | 中国語, , ,

観光ツアーで日本へ来ていた「任双双」と言う一人の女性。浅草寺の観光の最中、近くにいた日本人の女性学生が倒れたそうです。それを見た「任双双」は日本語が話せないため、ツアーガイドに翻訳を頼み、倒れた学生の友人に「何を食べたか」など女子学生の容態を確認。実は「任双双」は「河南省肿瘤医院」の看護師。

続きを見る

日本人が知らない。絶品ローカル中華グルメ。【威海渔村】

お勧め中華レストランをご紹介。味はピカイチですがメニューが無かったりトイレが微妙や無かったりとハードル高めの店舗も多いですが今回はハードル低めの店舗。基本的に日本人が殆ど行かない店舗ばかりですが味は折り紙付き!今回ご紹介する店舗の名前は「威海渔村」元々は中国人の友人が「海鮮が美味いレストランがある」と紹介を受けて訪問

続きを見る

中国でも大人気放送中。キャラ一覧ドラゴンボール【龙珠】

中国で「龙珠(Lóng zhū)ドラゴンボール」が放映中。一気に5話近く「ドラゴンボール」の世界を楽しむ事ができました。日本語のまま放映され、中国語字幕が画面下に付けられていたのですが、休憩中の店舗スタッフもゲラゲラと笑いながら画面に釘付け。鳥山明ワールドは中国人にも受け入れられる世界なんですねぇ。

続きを見る

事故遭遇。中国で呼び出すと有料だった。救急車【救护车】

2017/05/10 | 生活, 中国語, ,

実は中国の救急車。日本と違って有料です。2012年情報と少々古いデータですが、浦東救急センター情報によると3 Km以内の場合は、車両費用30元、付き添い医師費用30元の合計60元。これとは別に検査、薬などの料金が別となり、3Kmを越えると1 Km単位で7元が加算されるそうです。タクシーみたいな感じですね。

続きを見る

孫文も愛した。レトロモダンな佇まい。総統府【总统府】

2017/05/09 | 生活, 中国語, ,

「総統府」とは中華民国臨時政府および南京国民政府の「総統府」が置かれていた地。長江路沿いに「総統府」と書かれた「址正門」が見えてきました。右から文字が書かれている辺り時代を感じる佇まいです。「址正門」横の販売所でチケット購入 (お値段40元) チケットに「南京中国近代史遗址博物馆」と記載があり「总统府」が一般的な呼び名

続きを見る

発祥は日本だった!人を運ぶあの車。人力車【黄包车】

中国では1870年頃から使われるようになり、もともと日本で使われていた「人力車」を見たフランス人ミラーさんが、上海に持ち込んだのがキッカケだったとか。持ち込まれた際の呼び名が「东洋车」だったそうですが、今で言うタクシーのような営業を開始するにあたり目立たせる必要があり、車体を黄色く塗った事から「黄包车」と呼び名が変更

続きを見る

日本ではあり得ない!?アノ果物で成就祈願。リンゴ【苹果】

中国では「無事、安全、平安」の中国語を「平安(píng ān)」と呼びます。「りんご」の中国語は「苹果 (píng guǒ)」、「無事な果実」と言う意味の中国語が「平安果(píng ān guǒ)」と訳され、「平安な果」を省略して「平果」、「平果」の漢字を置き換えて「苹果」とし、語呂合わせをして「りんご」をお守りの印

続きを見る

福の沙汰も金次第。孔子廟で見かけた現金ビジネス。鐘つき【撞钟】

何故「声」なのかと言うと、鐘を突いた後に、鐘の横にいる「鐘つき嬢」が鐘の音に合わせて、「一路平安!」など、数字に合った縁起のよい「成語」を読んでくれるのです。「鐘」の真向かいには「鼓(gǔ)太鼓」が。皮と木で出来た太鼓ではなく金属製の太鼓を模した品でしたが、「鼓(gǔ)太鼓」にも同じような表示が。

続きを見る

夫子って誰。南京で発見した成就祈願のお寺。孔子廟【夫子庙】

「夫子」は「孔子」の別称の事。「孔子」以外にも「先生」などの呼称となるのですが、「孔子」イコール「夫子」と言う表現が中国人的には合致するようです。廟に入るには受付でチケットを購入。お値段30元(2017年価格) 学業成就や成功祈願など、南京のパワースポット的な場所。学業成就や成功祈願など、南京のパワースポット的な場所

続きを見る

なぜ黒い?長沙名物の臭豆腐の謎。黒い【黑】

2017/05/02 | 中国語, , ,

理由は普通の大豆ではなく「黒大豆」を利用。正確には「黒大豆」から加工した「豆豉(dòu chǐ)トウチ」と呼ばれる、乾納豆の一種の「浜納豆」から製造 見た目もニオイも少々衝撃的で日本では余り遭遇しない食品ですが、 一度食べると癖になる!そんな食感と味なので、 納豆が大丈夫な方はチャレンジして欲しい食品です。

続きを見る

サービス継続に黄色信号。乗り捨て自転車の現問題。改善【改善】

市民の通勤、通学の足になりつつある「乗り捨て自転車」なのですが、深夜になると地下鉄の駅前などに、翌朝の利用客を見越して、「乗り捨て自転車」のスタッフが自転車を配置。すでに数社のライバルがビジネスをしているため、早朝になると一列に各社場所を陣取りして自転車を配置しているのですが、これが道を塞いでしまい徒歩の邪魔になる事も

続きを見る

広告A

広告B

広告C

wechat決済マニュアル
ウェイシン(wechat)使い方設定マニュアル
ゼロから始める中国語発音講座
中国語カラオケ特集
中国語を映画で学ぶ 人気中国映画を紹介
上海のローカルフード小籠包の隠れた名店を紹介
路地裏ウォッチャー
沖縄の方言と中国語の共通点を探ってみた。沖縄【冲绳】

やはり大陸の文化が渡ってきている証拠なのかも知れません。 日...

ローカル中華定番のお一人様メニュー。ぶっかけ飯【盖浇饭】

留学時代はよくお世話になっていたセットメニューです。 中国のローカル...

使い捨てコップで届けられた暑気払い品。緑豆スープ【绿豆汤】

上海、暑さが止まらない日に一服の清涼感です。 先週39.7度を記...

正にコバンザメ的発想の広告展開術。広告主【广告主】

日本では考えられない発想です。正にサバイバル広告術! 中国で流行...

中国でも徐々に浸透始めたごみ分類。ごみ箱【垃圾箱】

中国でも徐々に意識改革が始まっているのです。 虹橋にある列車の駅...

→もっと見る

PAGE TOP ↑