P11-05
自分のこと、相手のことを示す時に、必ず使う人称代名詞。
中国語にも日本語と同じように、もちろんあるのですが、
日本のようにバラエティ豊かではないようです。

日本だと、自分自身を表現する単語は、
私、ワシ、俺、あたしぃ、自分、ワイ、アタイ、僕など。
あなたを表現する単語は、
貴方、貴方様、あんた、貴殿、お前さん、君、貴様など。

日本語には表現方法が多いのですが、
中国語の場合は非常に簡単。ちょっとご紹介しますね。

私、貴方、彼、彼女の中国語

我 (wǒ) 私
你 (nǐ) あなた
您 (nín) あなたさま
他 (tā) 彼
她 (tā) 彼女
它 (tā) それ、あれ

あなたの中国語は「你(nǐ)」
「您(nín)」というのは、「你(nǐ)」の尊敬、丁寧語。

彼の場合は「他(tā)」偏は人。
彼女の場合は「她(tā)」偏は女。
漢字が違うので注意が必要。

彼、彼女、それ、あれの中国語の漢字は、
それぞれ違いますが、ピンイン発音は同じ。
簡単に覚えられそうですね。

それぞれの音源を聞いて確認してみましょ!
我(wǒ)

你(nǐ)

您(nín)

他(tā)、她(tā)、它 (tā)

私、貴方、彼、彼女の中国語

私達、あなた達など複数を表現する場合には、
先ほどの漢字の後ろに「们」を追加するだけ。
我们 (wǒ men) 私たち
咱们 (zán men) 私たち
你们 (nǐ men) あなたたち
您们 (nín men) あなた方
他们 (tā men) 彼ら
她们 (tā men) 彼女たち
它们 (tā men) それら、あれら

「们(men)」は軽声といって、四声がなく、
漢字の通り、軽く発音をすればよいです。

咱们の詳しい説明はコチラから。

それぞれの音源を聞いて確認してみましょ!
我们(wǒ men)

咱们(zán men)

你们(nǐ men)

您们(nín men)

他们(tā men)
她们(tā men)
它们(tā men)

※軽声の音源がないので、一声を使っています。
その為、音源のように音を伸ばさなくてもOKです。

こうやって見ると日本語の表現は非常に豊かで、
自分や相手を表現する際にチョイスする単語で、
関係性や気持ちが分かるように思えます。

中国語の場合は数が限られているので、覚えるには楽。
ただしこれらの表現はどんなシチュエーションでも出てきますので、
しっかり覚えましょう。

単数形から複数形の連続発音で今日はオシマイ!
我(wǒ)、我们(wǒ men)

你(nǐ)、你们(nǐ men)

您(nín)、您们(nín men)

他(tā)、他们(tā men)
她(tā)、她们(tā men)
它(tā)、它们(tā men)

スポンサーリンク