*

西洋化の波が!中国人の朝食に変化の兆し。サンドイッチ【三明治】

三明治 (sān míng zhì) サンドイッチ

中国人の朝食の定番というと、
餃子、あげパン、肉まん、ワンタン等など、
THE中国!な食材が主流ではありますが、
そんな朝食文化も徐々に西洋化の波が押し迫っています。

通勤途中のセブン-イレブンで買った、
日本でもお馴染みの朝食の一品、サンドイッチ。
中国上海ではすっかりお馴染みの品。
421_P3120382

これを広めてお馴染みにした功績として、
ローソン、ファミリーマート、セブン-イレブンの、
日系コンビニエンスの力が大きいと思います。

今までのローカルコンビニだと、
これ食べれるの?的なサンドイッチが主流。
日系の創意工夫は改めて素晴らしです。

台湾でも朝食のサンドイッチはお馴染み。
ただ台湾が上海より一歩先に進んでいる点は、
サンドイッチ専門の出来たてのサンドイッチ店舗があること。
手作り感が半端無く、ポイントの高い朝ごはんを提供してくれます。
421_DSCN1754

残念ながらまだ上海では店舗や屋台で、
作りたてのサンドイッチを提供する所はなく、
意外とビジネスチャンスが眠っているのかも知れません。

さて今回朝食で手にとったサンドイッチ。
培根煎蛋三明治と書かれていますが、
「培根(péi gēn)」は「ベーコン」、
「煎蛋(jiān dàn)」は「オムレツ」
「三明治(sān míng zhì)」は「サンドイッチ」となります。
421_P3120383

「三明治(sān míng zhì)」の音源

つまり「培根煎蛋三明治」は、
ベーコンオムレツサンドイッチの事。
中国語で書くと、分かり難いものです。

また「ベーコン」と「サンドイッチ」の中国語は、
英語の音から漢字を取っていているので、
漢字には深い意味や関連性はないです。

価格は7元。19円換算だと133円。
「あら日本のサンドイッチと比べると安いのね」と思うそこのアナタ。

確かに日本と比べると安いのですが、
中国の朝食定番肉まんの値段は高くても2元(38元)
それを考えると、この価格帯はチョットお高い、
まだまだ少し高級な朝食なのです。

袋の切り口の帯に書かれた一言。

新鲜食材美味三明治
xīn xiān shí cái měi wèi sān míng zhì
新鮮食材、美味しいサンドイッチ。

加热后更美味
jiā rè hòu gèng měi wèi
加熱後更に美味しい。
421_P3120384

そうなのです、中国サンドイッチは温めて食べるモノ。

コンビニエンスで必ず聞かれる、
「加热?(jiā rè)温めますか?」の質問。

医食同源、冷えた食べ物は体内に取り込まない、が基本の国。
西洋食文化を取り入れても、そのまま取り入れないのです。

バラエティ豊かなサンドイッチ中国語

番茄奶酪三明治 (fān qié nǎi lào sān míng zhì) トマトとチーズのサンドイッチ
火腿奶酪三明治 (huǒ tuǐ nǎi lào sān míng zhì) ハムとチーズのサンドイッチ
金枪鱼三明治 (jīn qiāng yú sān míng zhì) ツナサンドイッチ
鱼排三明治 (yú pái sān míng zhì) 魚フライサンドイッチ
肉松三明治 (ròu sōng sān míng zhì) 肉の田麩サンドイッチ。

おさらいの音源。
「三明治(sān míng zhì)」の音源

「加热?(jiā rè)」の音源。

広告A

広告B

広告C

FACEBOOKページにご参加ください

活きた中国語を覚えよう。1110日登録率No.1中国語メルマガ。

ウェイシン(wechat)の使い方設定マニュアル入門編
特選!読んで納得の中国書籍のご紹介

「テレビに映る中国の97%は嘘である」に続く、
中国拘束21回を誇り『ガイアの夜明け』の担当でもある、
テレビ東京名物プロディーサー小林史憲氏の第二弾の書籍。

前回同様、長き中国取材活動中に実際に起きた中国の実情を刻名に紹介。
政府側とのカーチェイス、盗聴、取材妨害など、
日本で生活している人からすると「まさか!?」と呟やきそうな、
あり得ない出来事だらけの取材レポート記。

第一章 ウイグル騒乱
第二章 西部大開発
第三章 四川大地震その後
第四章 ゴーストタウン
第五章 ウカン村の闘い
第六章 泮河東村の挫折
第七章 薄煕来の重慶
第八章 重慶動乱
第九章 一人っ子政策の限界

四川省を取材した大江アナ一行が警察当局へ拘束された裏側、
ウイグルでのデモ騒ぎとその後に対する、ウイグル族の誰にも言えない本音、
バブルに浮かれる開発地区のバブル後の現実、
共産主義内で起きた村の民主化と、同じく民主化を進めた泮河東村の結果、
拘束時の警察と小林氏の取材テープ攻防戦など。

下手なフィクション書籍を読むよりも、リアリティが溢れ楽しめ、
長年、中国と向き合い続けないと知ることが出来ない情報の数々。

報道では伝えきれない、
本当の中国が抱える深い闇を知れる一冊となっています。

広告A

広告B

広告C

関連記事

初体験。深セン地下鉄の特別サービス。ビジネス車両【商务车厢】

リピートしたくなる快適さでした。 深センに宿泊して二日目。 ス...

記事を読む

オバサンの次は兄貴。深センで見かけたコワモテ男性。兄【哥】

マダムの次は兄貴です。 深センのお昼時。「食は広州にあり」という...

記事を読む

禁止広告で分かる。その土地の抱える問題点。麻薬【毒】

急きょ広東省の深圳に来ています。 雨の影響の遅延は上海と広東省の移動...

記事を読む

時代とともに移り変わる中国マナー事情。7つのダメ【七不】

時代とともに変わっていくのですね。 中国人マナーがなってない!と...

記事を読む

オープン間近。相手を敬う中国語フレーズ。乞うご期待【敬请期待】

やはり、再オープンのようです。 先日朝ごはん戦争の第一ラウンドで...

記事を読む

新着記事

初体験。深セン地下鉄の特別サービス。ビジネス車両【商务车厢】

リピートしたくなる快適さでした。 深センに宿泊して二日目。 ス...

記事を読む

オバサンの次は兄貴。深センで見かけたコワモテ男性。兄【哥】

マダムの次は兄貴です。 深センのお昼時。「食は広州にあり」という...

記事を読む

禁止広告で分かる。その土地の抱える問題点。麻薬【毒】

急きょ広東省の深圳に来ています。 雨の影響の遅延は上海と広東省の移動...

記事を読む

時代とともに移り変わる中国マナー事情。7つのダメ【七不】

時代とともに変わっていくのですね。 中国人マナーがなってない!と...

記事を読む

オープン間近。相手を敬う中国語フレーズ。乞うご期待【敬请期待】

やはり、再オープンのようです。 先日朝ごはん戦争の第一ラウンドで...

記事を読む

コメントを残す

広告A

広告B

広告C

wechat決済マニュアル
ウェイシン(wechat)使い方設定マニュアル
ゼロから始める中国語発音講座
中国語カラオケ特集
中国語を映画で学ぶ 人気中国映画を紹介
上海のローカルフード小籠包の隠れた名店を紹介
路地裏ウォッチャー
初体験。深セン地下鉄の特別サービス。ビジネス車両【商务车厢】

リピートしたくなる快適さでした。 深センに宿泊して二日目。 ス...

オバサンの次は兄貴。深センで見かけたコワモテ男性。兄【哥】

マダムの次は兄貴です。 深センのお昼時。「食は広州にあり」という...

禁止広告で分かる。その土地の抱える問題点。麻薬【毒】

急きょ広東省の深圳に来ています。 雨の影響の遅延は上海と広東省の移動...

時代とともに移り変わる中国マナー事情。7つのダメ【七不】

時代とともに変わっていくのですね。 中国人マナーがなってない!と...

オープン間近。相手を敬う中国語フレーズ。乞うご期待【敬请期待】

やはり、再オープンのようです。 先日朝ごはん戦争の第一ラウンドで...

→もっと見る

PAGE TOP ↑