「骗人 (piàn rén) 人を騙す/欺く」の音声は以下をクリック。

以前も街中で見かけた、
サイクリング青年が”偶然”にも持参していた、
チョークで物乞い準備をしていたのを見ましたが、
今回は更に大人数の御一行。

5人のサイクリング青年が地べたに座って、
街ゆく人達へ陳情していました。

从江西骑车来 不幸落难
临时求助 几元钱买东西吃及备用
谢谢

男儿谁也不想这样

江西からチャリンコで来ました。
不幸にも災難にあい臨時に救助を求めます。
数元のお金で食べ物や予備に備える品を買える。

男は誰もこんな事はしたくない。
325_DSCN1236

325_DSCN1237

325_DSCN1238

前回の青年も同じような文面を書いています。

最後の一言が訴えかけを強調させます。
男だったらこんな辱めをして、お願いしない。
という事でしょう。

はて、彼らちょうどいい具合に、ペンと紙を持ってたのね。
書かれた文字は達筆。ペンではなくどうも筆のようです。

五人居て全員が一緒に財布もしくは金品を盗まれたの?
携帯も5名一緒に紛失したの?
江西まで帰るのであれば自転車を転売して、
長距離バスで帰れるのに。転売しないし、もしや旅を続けるの?

「不幸に遭い」という点がポイント。
何かを失くしたなんて一切書いてない所。
生きてりゃ不幸の一つや二つ遭遇します。
多分ですが財布や携帯は持っているのでしょう。

ちなみにこの5人組、早朝は居たのですが、夕方には不在。
その翌朝にも又居ましたが、夕方には立ち去ってしまいました。
限りなく偽物のサイクリング青年。物乞いを生業とする人達でしょう。

街には至る所に物乞いがいますが、彼らは立派な職業。
普段物乞いをする場所を、いつも以上の早い時間帯に訪れると、
物乞い者がニコヤカに笑いながら、ご主人らしき人と、
談笑して移動している場面を観たことがあります。

物乞いはそれぞれ縄張りがあり、
自分の上には主人やオーナー、パートナーがおり、
主人には収入を献上していると聞いたことがあります。

定期的な周期で見かける一人の物乞い。
ボロボロのツギハギの服を着ているのですが、
ツギハギの正方形が統一感のある同じ大きさで、汚れもなし。
正直、衣装という感じが満載なのです。

人の情けに漬け込み欺く中国語。
骗人(piàn rén)人を騙す、欺くを意味しますが、
何が正しく、何が正しくないか、自分の目でしっかり判断しないと、
つけ込まれることが盛りだくさん。リスク管理が求められる国なのです。

スポンサーリンク