「光棍节 (guāng gùn jié) 独身日」の音声は以下をクリック。

最近上海の地下鉄やビルの広告に頻繁に見かけるある数字。
写真は最近NY市場の上場でニュースになった、
タオバオモールと北京創業の京東サイト。
どちらも中華系ECサイトの最大手です。
312_DSCN1053

312_DSCN1056

312_DSCN1096

どちらの広告でもキーポイントとなっているのは、11という数字。
312_DSCN1054

11月11日をターゲットにどちらのサイトも、
トンでもない値段でたたき売りを開始。
50%OFFの文字が並びます。

中国では11月11日は、
光棍节(guāng gùn jié)とよばれる独身族の日。
祝日でもなんでもないのですが、
ここ数年前から徐々に浸透され始めた記念日。

これネットを中心に広まった習慣だと思われます。

ナゼかと言えば今までは春節前が、
小売業の稼ぎどきでした。

田舎に帰郷する人が大荷物を持って帰る、
春節閉まる店を見越して、買いだめする。

そんな習慣から春節前は商売繁盛だったのですが、
それ以外にも何か商売にならないものか。。。。。
と考えられた節がある11月11日。

その為、この11月11日前になると、
どこのECサイトも広告を打って出ます。

例年この光棍节はどの業者も、
販売量・販売品・販売価格とも相当チカラを入れている日。

そもそも11月11日がなぜ独身族の日かというと、
お分かりかも知れませんが、
光棍の棍は、「棍子(gùn zi)棒」の意味があり、
棒の状態がまっすぐ伸びた「1」に見えるから。

そしたら1月11日とかも当てはまるでしょ?
という声が聞こえてきそうですが、

実際に1月1日は「小光棍节」
1月11日や11月1日は「中光棍节」とそれぞれ呼び、
一が一番多い11月11日を「大光棍节」としているようです。

ゴロ遊びが好きな中国らしい記念日です。

買い物好きな中国人。
会社スタッフの間では話題は11日の激安商品の購入話。
「私、これ買うーー」「こっちのサイトが安かったわよー」
と、お昼ごはんを食べながら、話に花を咲かせています。

スポンサーリンク