「生煎 (shēng jiān) 焼き小籠包」の音声は以下をクリック。

上海ソールフードと言えば、
一般的に小籠包(ショーロンポウ)を思い出す方も多いかと。

広い上海、まだまだソールフードは存在しています。
以前紹介した骨付き豚肉のトンカツなど。

朝と昼、おやつに人気のひと品と言えば、
焼き小龍包と呼ばれる、生煎。
上海以外の他の地方では見かけない、
上海ローカルフードです。

日本語では「焼き小龍包」と言いますが、
中国語では生煎(shēng jiān)

形も大きさ、味も歯ごたえも
小籠包とは全く違う生煎。

作り方もこんな感じでダイナミック。

専用の焼き鍋に豚ひき肉で作った餡を、
小麦粉の生地に包んで並べます。
油をひいてフタを閉じて蒸し焼き。
284_P9120346

焼いている途中のココがポイント。
グルリンと時折鍋を回します。
284_P9120347

回すことで生地が鍋に張り付くのを防止。
また火の通りを均一にするのが目的。
回して焼いて、焼いて回して。
284_P9120348

284_P9120349

284_P9120350

時間が経つをハイ出来上がり!
284_P9120351

ひいた油が必要以上に染み込まないように、
鍋を斜めにして完成。
284_P9120352

284_P9120353

注文すると4つで5元程度。
生煎の上は蒸してふっくら。
下は油でカリカリに焼きあがっています。
284_DSCN0704

284_DSCN0705

今回食べた店は、丰裕(fēng yù)と呼ばれる、
1958年創業のTHE上海地元民の店。
安さと古くからのライナップで、上海人が足繁く通います。

上海の至る場所にある「丰裕」。
訪れてみてはどうでしょうか。

丰裕HP
丰裕各拠点

スポンサーリンク