「保安 (bǎo ān) ガードマン」の音声は以下をクリック。

ビルと地下鉄をツナグ地下通路。
こんな場所でもカートを陳列して、
靴やウェアやバッグやらと商売に勤しむ中国人。

ナイキ、ノースフェイスなどなど、
色々なブランド品が破格値で販売。
価格には工場直送品!とまことしやかな告知も。

品数の多さと価格に引きつけられ、
品定めをするマダム達。
258_DSCN0152

DSCN0152

最初にもいいましたが、
ここは地下鉄とビジネスビルを連結する、
単なる地下通路。

毎日商売が終わったら、
この商品はどうするんだろう。
フッと頭をよぎりますね。

正解はコチラ。

開店前の早朝。
通路は一部だけが煌々と明かりが点灯。
明かりの方へ近づくと・・・・。
258_DSCN0148

男性がDVDを見ながら店番中。

正解は、閉店から開店まで人を配置して、
徹夜で監視する。という超アナログな手法。
258_DSCN0145

258_DSCN0146

258_DSCN0147

ビジネスビルなら分かるのですが、
市場やスーパーなどでも誰かが寝ずの番。

建物自体が完全に閉まるといいのですが、
青空市場だったりすると必ず一人から二人の、
おっさんが椅子と、タバコ、巨大お茶容器を、
ばっちりスタンバイしています。

高価な品であれば、こんな保管方法はしないような・・・。
と、考えると正規品なのか模倣品なのか、
簡単に判断ができそうです。

カナリ中国にはこの保安が至る所に。
写真のようなプライベート衣装の場合もあれば、
公安のよような制服を着て腕元に「公安」の文字が光ります。

日本ではあり得ないような出来事が起こる、
パラダイス中国では24時間体制で、
人を配置して安全を監視しているのでした。

スポンサーリンク