「洗手间 (xǐ shǒu jiān) トイレ」の音声は以下をクリック。

中国に留学してまず覚えた会話フレーズってなんだろう。。。
チョット思い出してみました。

挨拶はともかく、それ以外で生活に密着したフレーズ・・・・
はっ!!そうです、そうです、思い出しました。
まずかなり初期の段階で覚えたフレーズ。
「トイレどこですか?」だったなと。

外食をした時、外出時に、とトイレを探すシチュエーションは、
至る所に潜んでいます。

28歳で中国に渡りましたが、
成人男性がトイレを伝えられずに、お漏らしする訳にはいきません。

トラブル時に自分の意思を伝えられない。
これは耐え難く、本当に困ることなのです。

日本人はサービス精神やおもてなし精神があるので、
言葉が伝わらなくとも「何とかしてあげよう」という、
気持ちが行動にも現れますが、
こちらは「何?」で、終わる場合も多々あり、
中国語をすでに勉強していた留学仲間に、
トイレの行き方表現を紙に書いてもらい覚えた記憶があります。

実際に中国語しか使えない環境に自分の身に置くと、
覚えないといけないフレーズの優先順番が変わるものです。

「お目にかかれて光栄です」の中国語より、
「トイレどこですか?」の優先順位が高くなるのです。

今はトイレを一般的に、「洗手间(xǐ shǒu jiān)」
と表現することが多くなりました。

ただ写真のように公共トイレは今でも「厕所(cè suǒ)」と表現するため、
留学当時はトイレを「厕所」で覚えようとしていました。
235_DSCN99891

235_DSCN99901
「厕所」のほうが「洗手间」よりも漢字が一文字少ないし、
覚えやすいという安易な考えからチョイス。

トイレどこですか?の中国語は、
厕所在哪里?(cè suǒ zài nǎ li)となるのですが、
言葉に出して使って分かったのは、コレがまた相手に伝わらないんです。

伝わらない最大の理由。
それは中国語勉強を始めたばかりの私には、
「cè」の発音ができておらず、伝わらなかったのが原因。

当時は、「ツーソーザイナーリ?」みたいな発音で、
相手に伝えていたんだと思います。

「ツー」と「cè」は口の形も音の出し方も違いますが、
そんな事に頭が回っていなかった、というか知らなかった当時の私は、
「漢字が一文字少ない」という、たったそれだけの理由で、
「厕所」をチョイスしていたのでした。

漢字が一文字多くても、「洗手间」のセレクトがオススメ。
厠(カワヤ)に近い「厕所」より、今は「洗手间」と表現する方が多いのと、
「洗手间」の方がまだ日本語カタカナ表現に近く、伝えやすいですよ。

中国語表現「在哪里?どこにありますか?」を使った、こんなフレーズ。

在哪里は、「在」は「ある」、「哪里」は「どこ」と表現され、
「どこにあるの?」と、疑問フレーズとして、大活躍する中国語の一つです。

「目的地」+「在哪里」が基本構成です。
色々と表現力を増やして旅や生活に活用しましょう。

银行在哪里 (yín háng zài nǎ li) 銀行は、どこですか?
大学在哪里 (dà xué zài nǎ li) 大学は、どこですか?
你家在哪里 (nǐ jiā zài nǎ li) あなたの家は、どこですか?

地铁站在哪里 (dì tiě zhàn zài nǎ li) 地下鉄の駅は、どこですか?
派出所在哪里 (pài chū suǒ zài nǎ li) 派出所は、どこですか?
便利店在哪里 (biàn lì diàn zài nǎ li) コンビニは、どこですか?
你老家在哪里 (nǐ lǎo jiā zài nǎ li) あなたの実家(田舎)は、どこですか?

这个地址在哪里 (zhè ge dì zhǐ zài nǎ li) この住所は、どこですか?

かなり広範囲に使える、質問表現です。
覚えて損はない表現フレーズです。

スポンサーリンク