「水饺 (shuǐ jiǎo) 水餃子」の音声は以下ンをクリック。

しこたま飲んで中国語で交流をした翌日。
質の良い白酒だったのとワイワイ賑やかな宴会だったお陰で、
翌朝はまったく二日酔い無くお目覚め。

最後の方は意識もうろうでしたが。。。

ベットをノロリ抜けだして、
相席の東北人を見るとまだ高いびきでスヤスヤ寝ています。
折角の田舎の朝。
空気もいいので、散歩がてら朝食を取りに出かけました。

今回泊まった民宿周辺も同じように、
民宿とレストランを併設していて、
小店として水やらちょっとした日用品を扱っています。

収入源は旅行客任せという感じ。
宿泊した民宿の食事は美味かったのですが、
折角なので違うレストランで朝食を探す事に。

数分歩いた所に、水餃子の看板。
店先に座っていたお母さんに、「可以吃早饭吗?(kě yǐ chī zǎo fàn ma)」と質問。
お母さん、ニコニコと「可以可以(kě yǐ kě yǐ)」と手招きしてご招待。

朝ということもあり、お肉控えめの具材にしようと、
山菜水餃子の文字を見つけ注文。

一斤(yī jīn)五百グラムで35元。
値段はさすがに民宿価格。安いとは言えない値段。
値段よりも朝から500グラムの餃子はチョット。。。。

考えていると女将さんが「半斤からいいわよ!」と声をかけてくれました。
半斤(bàn jīn)は一斤(yī jīn)の半分、250グラム。
まーそれならばと注文です。

待つこと、15分。やってきました水餃子。
が、その量はこんな感じ。
軽めのつもりが朝からガッツリでてきます。
219_P6220110

中国東北地方あるあるですが、とにかく量が多い。
上海の東北料理店はコストを考慮してなのでしょうが、
料理の量を抑えています。

本場で注文すると一人一品食べるのが限界。
水餃子、20個以上数があります。

お酢を付けて食べようとすると、
「はいよ」と女将さんが何かを持ってきます。
出ました、生にんにく。
219_P6220111

東北では生のニンニクの皮を剥いで、
カリッっと生で食べながら食事をすることも。

イヤイヤ、さすがに朝イチから生のにんにくは。。。。
まだ中国ナイズされていないですね。

お酢を付けて食す水餃子。パクリッと一口。
山菜水餃子といえども、豚ひき肉が練りこまれて、
噛むと口いっぱいに肉汁が溢れ出します。
219_P6220113

上海で食べる水餃子と何か違います。
上海の水餃子も美味いには美味いのですが、
東北で食べると更に味が違うんですね。

今回もやっぱり違うと再確認。
そこで感じたのは水と小麦粉。

今回は景勝地で水も豊富な場所だったこともあり、
茹でや小麦粉に練りこまれた水が良かったのかも知れません。

小麦粉の皮も上海で食べるよりもモッチリとして、
弾力があり、プニプニ。赤ん坊のホッペタのよう。

以前数字表現コラムにも紹介しましたが、
今回注文時に用いた水餃子の注文数量の単位は、
一斤(yī jīn)半斤(bàn jīn)でしたが、
上海で注文する場合は「斤」より更に少ない単位、
一两(yì liǎng)の注文が主流。

これは50グラムの意味で、店にもよりますが、
最低注文数量が二两か三两、100グラムか150グラムからの注文です。

ちなみに
折角中国に来たらで餃子を食べたい!と思った場合、
餃子はどの店でもある訳ではありません。

上海などの華東地区は餃子よりもワンタン文化。
上海で水餃子を気軽に食べたいという場合は、
東北料理店を探されて食べるのが一番です。

さて、お腹も一杯になった所で、北京に戻ります。

スポンサーリンク