「风景 (fēng jǐng) 風景」の音声は以下をクリック。

北京地下鉄6号線のにて合流地点まで移動。
出口を出ると、東北人の友人が車でお出迎え。

行き先は全く何も聞かされて無いのですが、
どうやら”田舎”まで向かうようです。

さて出発!と思いきや何故か出発せず。
理由を聞くとスペシャルゲストがもう一人。
台湾人が参加とのこと。

今回の中国版旅猿メンバーは、
上海人、吉林人、台湾人、日本人の4名。
台湾人が集まったところでいざッ出発。

車を走らせること二時間。
北京を超えて河北省を進んで行き、
十渡と呼ばれる地名をまずは目指すようです。

この辺の地名、一渡から始まり十渡を過ぎると、
最後は十八渡という地名を超えます。
217_P6210010

一渡に入った辺りから、
上海では見ることができない、”山”が見えてきました。

車はどんどん進み十渡を迎えるころには、
ロバ車の登場。周辺の移動は電気自動車とロバ車。
環境に配慮しているようです。
217_P6210020

この山間には川が流れ、
川沿いを乗馬をしながら散策ができるようです。
217_P6210046

更に走らせること30分、今回の目的地に到着。
目的地の名前は百里峡。

今回宿泊する宿から見るとこんな風景。
山に沿ってロープウェイが伸び、
頂上まで登ることができるようです。
夕日を浴びると山肌の色が変わってきます。
217_P6210047

217_P6210048

217_P6210092

山の形はあまり日本では見かけられないフォルム。
宿から三十分以上周辺を車で走らせても続きます。
217_P6220177

217_P6220182

217_P6220153

217_P6220161

一部の場所では観光目的の木製の建物や山肌に「佛(fó)」と呼ばれる、
仏教を表す文字を書き付けた場所もあり。
山に直に文字を書くのは日本では見ることが出来ない習慣ですね。
217_P6220162

217_P6220163

この山と川の美しさから観光客だけではなく、
週末をこの地で過ごす中国人も増えているようで、
別荘宅の建築も進んでいるようでした。
217_P6220173

風景を表す中国語は、日本語と同じ风景(fēng jǐng)。
風の漢字が日本語とは違うので注意です。

こんな景勝地を訪れて一言。
「风景好,空气也好(fēng jǐng hǎo,kōng qì yě hǎo)。
風景良し、空気も良し。」。

「风景美丽,空气好。(fēng jǐng měi lì,kōng qì hǎo)
風景は美しく、空気がウマイ」でも良いですが、
好(hao3)を使う場合は、好(hao3)・・・好(hao3)・・・と、いう具合に、
続けて使った方が音の並びが心地よいです。

中国人も、
「是的是的(shì de shì de)そうだ、そうだ」と同調してくれます。

田舎の里だけあって宿は破格の100元。
部屋には2つのベッドが並びます。一人50元。
トイレ洋式、ベッドのシーツも当然洗いたて。太陽の匂いつき。

移動の疲れから夕食までの二時間程度、
各人休息時間となり、お昼寝タイムとなりました。
起き上がったら夕食です。

スポンサーリンク