「警察 (jǐng chá) 警察」の音声はスピーカアイコンをクリック。

平日早朝六時。
起き上がってシャカシャカ歯磨き。
何やら外から物音が。人の叫び声が聞こえてきます。

こんな時間に?と思いながら、
外に目をやると黒山の人だかり。

出ました中国名物、野次馬の皆さん。
こんな朝早くても野次馬が集まるのね。
知りませんでした。

住宅街の出入口でいざこざが始まっているので、
車が出られず立ち往生。
207_DSCN9966

そんなのはお構いなし。
当事者たちは指を指して大批判。
いつもの光景ですが、この指差し批判は好きになれません。

喧嘩の当事者は野次馬に自分の正当性を伝えます。
「俺が正しいんだー」野次馬、なるほどなるほど。と、
ジャッジを下す訳でも無いのにウンウン聞いています。
朝からお暇ですなぁ。

207_DSCN9967

今回のように収集がつかない位、人が集まり始める時、
偶然にも巡回中であれば、おまわりさん登場。
野次馬の間をかき分け、当事者をなだめようと仲裁に入ります。

207_DSCN9968
見てて解るのは当事者が普通語でやり取りをしていると、
警察も普通語で仲裁を行い、当事者が上海語で揉め出すと、
上海語で仲裁を行う点。

普通語で話すより上海語で話した方が、
当事者が上海人だと心の距離がギュゥッと縮まるようで、
普通語と上海語を切り替えながら使っています。

私が出勤する時間帯には無事に解決したようで、
野次馬は残念そうに現地解散。

上海人同士の揉め事だと上海語同士で罵り合うので、
さっぱり内容は分かりませんが、顔を真っ赤にしながら、
人前だろうがなんだろうが自分の意見を通して、
舌戦する彼らのメンツを保とうとする態度には、残念ですが勝てる気がしません。

スポンサーリンク