「番茄 (fān qié) トマト」の音声は以下をクリック。

ひげのおじ様マークでお馴染みの、プリングルス。
ここ中国上海でも販売してます。
中国語名は品客(Pǐn kè)似た音を充てていますね。
191_DSCN9998

191_DSCN9999

191_DSCN0001

パリパリサクサク、あの触感たまりませーーん。
オリジナルの塩味は当然販売されていますが、
日本でも定番のサワー味、チーズ味から、
海苔味、BBQ味などを中国では展開。

一つの味付けのプリングルスのパッケージデザインが、
他の味付けと少々違って、中国人を意識していたのでご紹介。
それはトマト味のプリングルス。

パッケージには確かにトマトの画が描かれていますが、
連なって並ぶこのトマト。
一つ一つがトマトと思いきや、薄っすら横線が入って、
中国伝統の灯笼(dēng long)になっています。
191_DSCN0021

191_DSCN0189

考えましたねプリングルス。
提灯とトマトをイメージさせて、
身近に感じさせるためなんでしょう。

意外と日系メーカーより、欧米メーカのほうが、
しっかりと中国人ウケをしそうな戦略の商品ラインナップ。

日本人は顔つきが黄色人種の中国人の性格を、
どうしても住んでいる距離も近く、
同じ漢字を使う文化圏のせいもあり、
似たような性格とどうしても勘違いしがち。

彼れの性格や思考は日本人よりも、
本来は欧米人に近い場合がよっぽど多いと思うのですが。

ちなみに、トマトの中国語にはもうひとつ、
西红柿(xī hóng shì)という呼び方も。

一般的には番茄(fān qié)を目にする機会が多いですし、
トマトケチャップは番茄酱(fān qié jiàng)、
トマトジュースは番茄汁(fān qié zhī)と呼ばれるので、
メジャーなのは番茄。

ただしこんな呼び名も地方地方で異なり、
目にする機会も場所によって様々です。
余裕があれば頭の隅っこに、
西红柿の漢字イメージだけでも残しておきましょう。

スポンサーリンク