「保护身体 (bǎo hù shēn tǐ) 身体保護」の音声は以下から。

朝の朝食セット。
卵とネギを小麦粉で練った生地を、
油を引いた銅鑼のようなフライパンで焼いた、
鸡蛋饼(jī dàn bǐng)と、
アツアツの豆浆(dòu jiāng)豆乳。

これ朝のお手軽基本の朝食セット、
お値段は鸡蛋饼3.5元、豆浆1.5元。
172_DSCN9905

ただし、先週から豆浆33%値上げの2元!
0.5元値上げと大した事ではないですが、
パーセントで考えると33%アップ、いやー大した上げ幅です。
他にもあります。中国人の朝食。

基本セットで買うので、
キリの良い5元が良かったのに、
ちょっと面倒な料金体系になっちゃいました。

このセット買うとビニール袋にバサッ!と
ホオリ投げられて手渡されるんですが、
たまーに冷静に思うと、このペラッペラのビニールと、
アッツアツの鸡蛋饼、
もしや体に悪いんじゃ・・・と頭をよぎることが。

知り合いの中国人、お気に入りのiPhoneに、
スマートフォンの名前の由来をかき消す、
本体の二倍以上あるお鼻の長いゾウさんタイプの、
携帯ケースを使っていたのですが、ここ最近ケースを使わず。

使わなくなった理由を考えると、
安価な素材製品はどんな素材を使っているか分からないから。
携帯が熱をもって素材と反応して、悪い物質が出てきたら困るから。
という理由。自己防衛する事が多い国です。

ワンタン屋でテイクアウトの注文する中国人で、
たまに見かける持参した鍋に入れて頂戴、注文。
これは明らかにワンタン屋のテイクアウト用袋、
使い切り用具をあからさまに否定している証拠。

確かにペロンペロンのよくぞここまで、薄く作ったね。
と賞賛に値する薄さの使い捨て容器が多い。

コストを押さえるためとはいえ、
どんな成分なのか分からない恐怖があります。

保护身体(bǎo hù shēn tǐ)身体保護。
中国では本当に怠ってはいけない、
自分自身で実施すべき行動の一つです。

10年前から都市伝説的に言われていた、危険だから避けた方が良い行動。

・生水は飲むな!
14年の今現在も変わらず。水道管が綺麗な茶褐色になります。
自然が作り出す色って美しい。

・レストランのテーブルにある、赤い色の紙製ナプキンは使うな!
14年の今はほぼ全滅。どんな原料を混ぜているのか、不気味でした。

・白すぎる割り箸は漂白がキツイので使うな!
多分、現在も現役です。けど、店に置いてる、木製の箸の方が怖いよー。

・食器は洗って使え!
この教えは今でも続けています。たまーにね。

・ウマそうに見えても、ドラム缶焼き芋は食べるな!
今でも売ってますが多分危険。
空きドラム缶前には、化学物質が閉じ込められていることが、、、というのがその理由。
焼きとうもろこしは?何て質問は無し。同じくヤバイです。

・買ってきた豚肉は水洗いして調理しろ!
今も変わらない、一般的な行動です。
肉を切った場所、清潔なのか分からないから。

・テーブルに落ちた料理、日本と同じ三秒ルールが適用、大丈夫!
そのテーブルちゃんと拭いてますか?食べないほうがよろしいかと。。。

・中国人にも大人気、サーモンの刺し身!
そのサーモン本当に生食用ですか?
生食が分からないことをいいコトに中国人に
生食以外のサーモンを売っているようで食せる気分になりません。

などなど、キリがないのでこの辺で。
安全・安心がタダ同然なのは日本位かも知れませんよ。

スポンサーリンク