「被子 (bèi zi) 布団」の音声は以下から。
※「zi」は本来は軽声ですが、音源の関係上、四声の音源を使っています。

最近発見してお気に入りの温州レストラン。
自宅の近くだったのですが、全く気が付かず。

最近出来た店なのかと思って聞いてみると、
10年以上もこの場で切り盛りをしているレストランでした。

温州料理は海鮮がメイン。
舟山料理とは味付けが一部異なります。

この店は生牡蠣も提供。
流石に怖くて生では食べれず、蒸して食べていますが、
中々いける味です。味付けもカナリ、レベルが高いです。

そんな温州レストラン。
顔を覚えてもらって仲良くなるために、
足繁く通いつめているのですが、
注文の品を待っている間に、布団を抱えた女性が登場。
156_20140310_222942

156_20140310_222955

しばらく立ちんぼで待っていると、
店の女性オーナーが布団を持って、
二階へと消え去っていきました。
156_20140310_223000

どうも新しく入った新人ホールスタッフ。
面接が受かって、就寝用の布団持参だったようです。

田舎との往来の多い上海駅などをウロウロすると、
こんな布団を抱えた地方出身者を見かけます。
P3290650
寝床さえ確保できて、雨風さえしのげれば、
何とか生活ができる、という事なのか、
意外や意外布団を抱えた人を見かけます。

この温州レストラン新人スタッフも同様。
見事就職が決まり、この店舗で働き始めています。

小さいレストランなどでは、
六畳一間に四人位のスタッフが寝泊まりを共にし、
食事も基本レストランからの賄い料理、
部屋も食事もレストラン側からの支給。

14年3月時点ですが上海のウェイトレス給与は、
一ヶ月最低でも2500元から3000元位から始まり、
日本語がちょっと話せるなどのスキルがあると、
頑張って5000元程度のようです。

スポンサーリンク