「饼干 (bǐng gān) ビスケット/クラッカー」の音声は以下から。

上海、ファミリーマートに新製品が。
125_DSCN9535

125_DSCN9536
パッケージを見たところ、
ロブスター味のクラッカーと思い、
手に取るとロブスターではなく、ザリガニ。

”オニオン&ザリガニ”のクラッカーでした。
英語はLobsterとなっていますが、
ザリガニ味です。

日本では理科の実験やら、小学校で飼育。
池にスルメをちょいと垂らし釣り上げる程度の
イメージかも知れませんが、
ザリガニは上海、夏の食の風物詩。

夏になると専門店がオープンし、
高級食料として調理されています。

○○産のザリガニは脂がノッて美味いだの、
身が大きいだのと夏になると上海人は楽しんでいます。

ザリガニはスパイシーに味付された、
寸胴鍋に入った調合調味料のタレの中に、
ヒタヒタに漬けられます。
DSCN5829
この調合調味料の味付けと、
ザリガニの鮮度がこの料理の命。
人気店はいつも行列。予約もできない程。

両手にビニールの手袋を付けて、
硬い甲羅をむいてモクモクと食べる様子は、
カニ料理を食べているかのよう。

味付けも甲殻類の仲間である、
カニやエビのような味で、身は少し柔らかめ。
”カニやエビのような味”だったら、
初めからカニかエビを食べろよ!と思うと身も蓋もありません。

上海では人民広場南側にある、
黄浦区寿宁路(柳林路寿宁路)のザリガニロードが有名。
明け方までザリガニを茹でて販売しています。

旬は初夏から秋口までですので、
一度訪れてみては如何でしょうか?

ザリガニを食べて、中国人との付き合いに役に立てましょう。

スポンサーリンク