「钱 (qián) お金」の音声は以下から。

出勤の道すがら、
ふなっしーの著作権侵害を恐れ、
写真撮影用にナシが無いかと果物屋で物色。

無事にふなっしー似のナシを購入したのですが、
もらったお釣りが、珍しい1角紙幣でした。
久しぶりだなぁー。
125_DSCN95321

125_DSCN95331

私が上海に上陸した2005年は、
現在流通している毛沢東シリーズの紙幣ではなく、
この1角紙幣と同じ少数民族をあしらった
紙幣が使われていました。
125_DSCN9542

125_DSCN9543

現在でも内陸部に行くと
まだこの1角紙幣を見かけるチャンスは多いのですが、
上海では絶滅の一途です。

ちょっとココで人民元の話。通貨の呼び方を覚えましょう。

写真の紙幣に書かれている「角(jiǎo)かく」。
角とは貨幣単価の一つで1元の10分の一。

話し言葉では「角」のことを「毛(máo)」と呼びます。

人民元と呼ばれる「元(yuán)」は、
話し言葉では「块(kuài)」。
使われる際は、「三块钱(sān kuài qián)」と、
钱(qián)を付けて呼ばれる場合も。

全国的に見られなくなりましたが、
毛(角)の下には分(fēn)と呼ばれる通貨があります。

量り売りで貼られるラベルには、
昔の名残りで10.16元と表記される店も。
ただし精算時は切り上げか切り下げされています。

通貨は流通していますが、
使おうとすると怪訝な顔をされ、
支払いを拒否されることも。

またコンビニでは、
偽札チェックに使われる”分”通貨。

レシートの下に100元札を置いて、
この”分”通貨を激しく擦ります。

お札の凹凸部分がレシートと
アルミで出来た”分”通貨が擦れ、
レシート部分に透かしの毛沢東がハッキリ映ります。

こうやって偽札チェックに使われる、”分”通貨。
支払うと嫌われ、通貨と関係ない使い方をされています。
なんとも可愛そうな通貨です。

人民元通貨、おさらいです。

人民元の通貨単価
一元(一块钱)
一角(一毛)は、一元の10分の1
一分は、一角の10分の1、一元の100分の1

覚えておいて損はないですね。

スポンサーリンク