「肠粉 (cháng fěn) 腸粉」の音声は以下から。

広東省深圳の朝。
広東は「食は広州にあり」と言われる程、食に通じる街。

広東人曰く、広東人の人生の優先順位は、
一番が食事、二番が遊び、三番が仕事。

その為、喧嘩をしている最中に、
美味しい食事に行った後は、「ケロッ」仲直りしちゃうそうです。

三番目にあげた仕事ですが、
日中はバリバリ仕事をして、仕事を切り上げた後は、
バリバリ遊んで、食事を楽しむそうです。

なので広東人は貯金がないんだとか。
人生の中心が仕事になっている、
日本人とは違うようですね。

そんな広東省の朝食風景。
209_DSCN9077

中国人が大好きな揚げパン(油条)を揚げていました。
これは何処の街でもみかけますね。
小麦粉をこねて、スティック状に伸ばして、
そのまま油に投入。
きつね色になったら取り上げて、油をきります。
209_DSCN9112

209_DSCN9113

209_DSCN9114

華東地区ではあまり見かけませんが、
鶏のレバー、砂ずり、豚こま等好きな具材と、
ビーフン、米粉で出来た麺を選んで、
ダシが効いたスープで煮込んだ麺。
209_DSCN9080

209_DSCN9082

中国セロリとレタスが入って、
朝から元気がでる朝食です。
テーブルに置いてある、お酢を垂らして食べましょう。
209_DSCN9084

そして広東と言えばコレ、肠粉。

学校通学前の子供美味しいそうに、
ツルツルと食べていましたが、
これも上海などの華東エリアではあまり見かけません。
209_DSCN9119

肠粉は広東を代表する食べ物の一つで、
清時代の末期が起源と言われています。

作り方は水で溶いた米粉をプレートに伸ばして、
蒸し器に入れて固めます。
209_DSCN9124
プレートには溶いた卵、豚肉、
牛肉、エビなどの具材を混ぜて蒸し上げ、
プレートから剥がし落として、
塩やごま油などで風味付けをした食べ物です。

名前に腸という文字が付いているのは、
出来た見た目が豚の腸に似ているため、
小麦粉(粉)で出来た腸、というネーミングになっています。

もし広東へおでかけの際は、
朝に食してみるのはどうでしょうか?
お腹にも優しい食べ物ですよ。

スポンサーリンク