「磨菜刀 (mó cài dāo) 中華包丁研ぎ」の音声は以下から。

近所の市場近く。
寒さ厳しい上海の街角で座る一人の男性。
座りながら構える片手には何やら光る物体が。
195_DSCN83802

近づくと、なるほど中華包丁です。
なかなか立派なサイズですよね。
日本の一般的な家庭には置いてないですね。
195_DSCN83803

仕事道具はお手製の木製作業場。
道具は無駄を省いて洗練されています。
195_DSCN83801
前方に車輪とグラインダー付き。
中央部分には砥石と水を張るための、
竹製のコップと刷毛が付いています。

前方の車輪は道具を持ち上げて、
色々な場所への移動を可能にするため。

自分が座っている部分をヒョイと持ち上げて、
仕事がありそうな場所をウロウロと回ります。

狩猟民族、中国人。
獲物を求めて自ら動いて客を捕まえるんですね。

といっても、このお父さんこの辺では、
かなりの有名人。

マンションの入り口で腰を下ろして店構えをすると、
直ぐ様、周りの住人が包丁やハサミを抱えて、
研ぎの依頼をしています。

腕がある、ってことですね。
街で見かけたら一度、お願いしてみては如何でしょうか?

スポンサーリンク