「香烟 (xiāng yān) タバコ」の音声は以下をクリック。

中国はタバコ国家。

写真は上海中心部人民広場近くの古城公園(人民路☓安仁街)で、
週末早朝に開かれている、タバコ市場の模様です。

165_DSCN5948

165_DSCN5951

横流しされたタバコが箱単位で集められ、
結婚式や贈り物、個人用に人民の皆さんが、
カートン単位、箱単位でドンドン購入しています。
165_DSCN5952

日本では分煙、制限、税金アップ、
喫煙者には生活がしにくい環境かと思います。
しかし中国は喫煙者天国。

タバコの種類はゆうに100銘柄を越え、
各地方都市の大切な収入源にもなっています。

一箱5元程度から購入可能で、
他の海外諸国と比べても、とんでもなく安価です。

かと思えば、1箱100元近くする銘柄もあり、
この価格差が外国人にはよく分からない部分でもあります。

語楽が少ない中国では、酒とタバコの税率を比較的安くし、
庶民の手が届きやすい状況を作って、
少しでも不平不満が出ないようにと心配りをしています。

アルコール・タバコの税金がドンドン上がる、
日本と違う点です。

オレンジ色のパッケージの銘柄、
”熊猫(xióng māo)パンダ”は価格は80元。
クリームソーダ色のパンダだと150元。

このような高価なタバコは、
結婚式の各テーブルに配置されたり、
贈答用や賄賂に使われ、貰った側は、
街の至るところにある交換所にて現金と引換えます。

タバコを数える量詞は状態によって変化します。
ちょっとご紹介。

一本の場合は、一支(yī zhī)
一箱の場合は、一包(yī bāo)
一カートンの場合は、一条(yī tiáo)
一箱の場合は、一箱(yī xiāng)

大きくなるにつれて、量詞が変わっていきます。

最後に日本人に馴染みのあるタバコ銘柄、中国で有名な銘柄をご紹介。

七星(qī xīng)マイルドセブン
沙龙(shā lóng)セイラム(SELEM)
健牌(Jiàn pái)KENT
万宝路(Wàn bǎo lù)Marlboro

中南海(zhōng nán hǎi)中南海
中华(zhōng huá)中華
双喜(shuāng xǐ)ダブルハピネス

中国のタバコに関する他の記事はコチラから

あぁ快感。仕事の合間のこの一服が至福の時。たばこを吸う【抽烟/吸烟】

中国習慣文化、中国にもいた忍者。タバコ手裏剣って。タバコ【香烟】

スポンサーリンク