「爸爸去哪儿 (bà ba qù nǎ r) パパ何処へ行くの??」の音声はコチラのスピーカーアイコンから。

子供な大泣きしながら叫んでいました。
「爸爸去哪儿(bà ba qù nǎ r)パパ何処へ行くの??」
149_RSCN0041

近くにお父さんが居なくなったら、泣いちゃいますよねー。

そんな子供が直ぐに叫んでしまうフレーズを元に作られた、
中国大人気番組があります。
「爸爸去哪儿(パパ何処へ行くの??)」
湖南衛星テレビの毎週金曜夜22時より放送。

ネットでも番組を公開しています。
このネットのアクセス回数がものすごいことに。
なんと3億7千万!中国人の1/4は見ているお化け番組。
番組はコチラから。

番組名と同じ主題歌の「パパ何処へ行くの??」も
現在、流行歌謡曲の第1位の大進撃。
男性と子供が歌う、聴きやすい主題歌となっています。
主題歌はコチラから。

元々は韓国番組の版権を購入して、
中国バージョンで放送しているのですが、
有名芸能人の父親と子供が二人一組力を併せて、
ゲームをクリアーして商品をゲットしていくという番組。
商品といってもスイカなど、微笑ましいです。

中国人は子供が大好きですから、
子供が困難に立ち向かって、泣いたり笑ったりする姿を、
微笑ましく楽しんでいる、と思っていたのですが、、、、
ちょっと考えが甘かったです。

中国人に話を聞くと、「それは楽しみ方の一つね。
けど、中国人がもっと感心して番組を見ているのは、
ゲームに出場している家族の本当の姿よ」という意味深な回答が。

聞くと”本当の姿”というのは、
子供は両親に育てられた純真無垢な存在。
そして参加している父親は歌手などの有名芸能人。

ゲームを挑戦する子供の態度を見て、
芸能人の父親・家族が私生活、プライベートで、
どんな教育方法の中で子育てをしているのかを、
注目しているのだそうです。

子供の態度、言葉使い、行動。
それらは全て子育てをしている両親の真の姿。

そんな両親の姿を子供は表現している、
まさに鏡のような存在だ、ということのようです。

中国人も芸能人に興味津々。彼らの私生活を垣間見て、
「幾ら有名でお金持ちでも、子供があんな態度だとねぇー」
と、雑談に花を咲かせているのでした。

スポンサーリンク